このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2014年08月07日

【西安・二回目】 陝西歴史博物館

前回の西安旅行で“人多すぎ、並びすぎ”で諦めた場所
陝西歴史博物館
http://muzon.seesaa.net/article/304179910.html
カンバン.jpg

なぜ激込みなのか分かりました。 「入場無料」だから。
【陝西歴史博物館の入り方】
・土日、祝祭日、夏休み期間は激込みになる。
・開館の8時30分より前に並ぶのが賢明。
・入場無料だが、身分証明書(パスポート)が必要。外国人はチケット配布窓口でいろいろ記入が必要。
長蛇の列.jpg

チケット.jpg

中国の他の博物館(北京故宮、台湾故宮等)が“お宝”博物館なのに対し
http://muzon.seesaa.net/article/400368261.html
http://muzon.seesaa.net/article/379954122.html

ここは硬派な“歴史”博物館。展示物に華やかさは無いが、4,000年の歴史の重みを感じる。

まずは古代の展示
古代1.jpg

古代2.jpg

次に秦時代
秦代1.jpg

秦代2.jpg

漢時代
漢代1.jpg

漢代2.jpg

そして唐時代
唐代1.jpg

唐代2.jpg

元朝以降は北京が首都なので、展示品は唐時代より以前のものがメイン


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

【西安・二回目】 賈三潅湯包 と 回民街

西安で一番、好きな場所。回民街(イスラム街)
今回もブラブラ歩くのを楽しみしていたが、、、、、
夏休み期間で人多すぎ!(オマエモナー)
人多すぎ.jpg

夕食は有名な“賈三潅湯包”に入りました。
賈三潅湯包.jpg

上海で、湯包というと「大きめの小籠包」というイメージだが、ここの大きさは
正に小籠包サイズ。
メニュー.jpg

・私の小籠包の好み
小籠包は上海(南翔)が発祥の料理ではあるが、
http://muzon.seesaa.net/article/397569595.html

小籠包を劇的に美味しくしたのは台湾
皮を究極まで薄くして、中のスープの比率を上げて、スープを楽しめるように改良した。
上海風は皮が厚いので、食べる量が少なくなる(すぐにお腹いっぱいになる)。
開封の小籠包は、不味かったなぁ。
http://muzon.seesaa.net/article/368298553.html

西安の小籠包はどうだろう?
羊肉の小籠包を注文
○羊肉.jpg

皮が薄くて台湾風!! と思いきや、なぜか中身のスープが少ない。
萎んだ風船の様にシワシワだ。残念。美味しいのに。もっとスープを入れてくれ。

その後、回民街を散策。
前回も食べた“きなこ、あんこ餅”は、和菓子みたいで、日本人の口にあう。
http://muzon.seesaa.net/article/304964062.html
あんこきなこ餅.jpg

有名な孫家老の羊肉泡莫を食べる
孫家.jpg

パーモー.jpg


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

【西安・二回目】 西安城壁を一周

今回の西安旅行の最大のテーマ「城壁を一周」
城壁には城門が四つあり東の長樂門、西の安定門、南の永寧門、北の安遠門。
ここから城壁に上がれるという事前情報。地下鉄の駅に近い南門(永寧門)へ。
南門の近くには、西安碑林や書院門もあるし。
西安碑林.jpg

書院門.jpg

書院門2.jpg

書院門3.jpg

城壁に上る料金は54元/人。
チケット54元.jpg

南門入口から入り
南門入口.jpg

いよいよ城壁を登る
城壁登る.jpg

そしてこれが南門(明徳門)
南門(明徳門).jpg

城壁の観光センターで自転車の貸出し、と電動自動車のチケットを売っている。
貸出センター.jpg

自転車貸出は2時間で45元、電動自動車は一周80元。
料金表.jpg

夏は暑いので、電気自動車を選択。
東西南北のそれぞれの門で10分、停車して、約1時間半の行程。
南門から西門に向かう。
西門へ.jpg

そして西門(安定門)
西門(安定門).jpg

ここが今回の旅の目的地。西門から西を臨む。
○西門から西へ.jpg

シルクロードの西への出発地点。私も西に向う、、、、

次に北門(安遠門)に到着
北門(安遠門).jpg

北門から前回宿泊した華山国際酒店が近くに見えた
http://muzon.seesaa.net/article/306577059.html
華山国際酒店.jpg

最後の東門(長樂門)
東門(長樂門).jpg

南門に戻って、電気自動車を下車


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

posted by ムーゾン at 08:00| 上海 🌁| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする