このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2011年07月18日

雅魯藏布大酒店(ラサ)

久しぶりの“ホテル見聞録”ですが、またチベットネタです。
ラサで宿泊したホテルが“雅魯藏布大酒店”。
“チベット旅行・二日目(青蔵鉄道→ラサ駅到着)”でも少し触れましたが、4つ星ですが、準5つ星と言ってもいいグレードでした。

部屋の内装そのものは、以前ブログに書き込みしました通り4つ星クラスなのですが、このホテルの特徴は“ホテル内に無料の博物館がある”ところ。2階にあります。
博物館カンバン.JPG

このホテルのオーナーが収集した美術品の数々です。ひとつひとつじっくりと見ていたら3時間くらい必要な量です。
博物館1.JPG

博物館2.JPG

博物館3.JPG

ミニ卒塔婆とか
ミニ卒塔婆.JPG

宝剣とか
宝剣.JPG

特に仏像がたくさんあります。

壁には曼荼羅とかチベット油絵とかが飾られています。
チベット油絵.JPG

古い写真もたくさんありました。1904年のラサへのイギリス軍の進軍。
イギリス軍 1904.JPG

中国による解放直前のポタラ宮。
解放前のポタラ 1959.JPG

立派な円卓の部屋もありました。
円卓の部屋.JPG

博物館以外でもホテルの宿泊フロアーの廊下も古美術品がたくさんあります。
ホテル廊下.JPG



↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

posted by ムーゾン at 17:56| Comment(144) | ホテル見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

葫蘆島海上海蓮花商務酒店二部

仕事で北京から北西へ400Km離れた葫蘆島市という街に仕事で行きました。
葫蘆島市には空港が無く、また日本からのスタッフと一緒に移動する必要があったので、北京空港で合流し、そこから車で4時間かけて移動しました。
場所は下の地図のAのところです。大連よりかなり北側にあります。
HULUDAO.JPG

葫蘆島市の海には、葫蘆島という島があるのですが、第二次世界大戦敗戦後に中国東北部にいた200万人の日本人は、一旦この葫蘆島に集められてから帰国したそうです。(しかし中国国民党と共産党の内戦が激しくなり、帰国作業がごちゃごちゃになった為に残留孤児という問題が発生したそうです)

多分、二度と行くことがないであろう葫蘆島市で宿泊致しました。
ホテル名は“葫蘆島海上海蓮花商務酒店二部”、住所は遼寧省葫蘆島市龍港區龍灣大街55號。
事前の予約で、一泊450元でした。
ホテル正面.JPG

葫蘆島市ではもっともグレードが高いホテルとのことでした。宿泊したのは二号店(二部)で、開業から半年程度の新しいホテルでした。
ホテルのフロントです。
フロント.JPG

部屋の中はこんな感じです。
ベッド.JPG

HULUDAO.JPG

トイレ.JPG

洗面台.JPG

ホテルにはレストランが併設されていて、深夜1時まで空いているとのこと。葫蘆島市でナンバーワンのプライドがあるレストランですが、なんちゃって西洋料理が多く創作料理レストランみたいでした。一品50元前後ですので、そこそこ高いです。
レストラン.JPG

開発区らしく、ホテルの周囲はまだまだ殺風景でした。
ホテル周辺1.JPG

ホテル周辺2.JPG

【長所】
設備が新しく、綺麗。
深夜まで空いているレストランが併設されている。

【短所】
周辺には何も無さそう。
※というか葫蘆島市に行くこと自体が最大の短所。


【追記】
帰りは葫蘆島市から天津に海岸沿いを走りましたが、なんと海が凍ってました。
海が凍る.JPG

あと万里の長城の東の端(山海関)の近くも通りました。高速道路を通す為に万里の長城に穴が開けられていました。(運転手が教えてくれるのが遅くて、トンネルを通過してから写真を撮りました)
万里の長城.JPG



↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 17:42| Comment(159) | ホテル見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

煙台金海湾酒店

う〜ん、、、、、ブログのネタが尽きてきました。(新年早々なんですが、、、)
週1の更新を目標にしていますが、週1で冒険は起こらない(冒険とはほど遠いネタばかりですが)ので、記事の内容に困るようになってきました。

そこで新シリーズ開始します。仕事で地方での宿泊も多いので“出張先のホテル見聞録”をブログに載せて行きます。

まず第一弾は山東省煙台にあります「煙台金海湾酒店」。
煙台空港からタクシーで30分程度。煙台山のふもと、海岸の前に位置するリゾートとしても十分なホテルです。

煙台金海湾酒店   煙台海岸路34号  TEL:0535-6636999

ホテル正面はこんな感じです。
正面.JPG

ホテル前すぐに海が広がります。
ホテル前1.JPG

ホテル前2.JPG

ホテル前3.JPG


真冬は雪化粧ですが、夏は綺麗でしょうね。泳げるかな?

ロビーはこんな感じです。
ロビー.JPG

ネット予約で一泊600元の部屋に泊まりました。
ベッドはこんな感じ。
ベッド.JPG

トイレ
トイレ.JPG

バスタブ
バスタブ.JPG

洗面台
洗面台.JPG

珍しいのはウォーターサーバーがありました。普通はペットボトルだけなので珍しい。水、お湯は飲み放題。
ウォーターサーバー.JPG

離れに日本料理店と日式クラブがありました。こんな街にも日式クラブはあるのですね。
日本料理店は上海の150元食べ放題程度のレベルでした。日式クラブは行きませんでした。


【長所】
日本料理店がある。
砂浜の海岸が近い。
従業員がよく教育されている。日本語が話せるフロント小姐がいる。


【短所】
市街地中心地から遠い。ホテル内での食事となる。
煙台の割には高い。
posted by ムーゾン at 12:18| Comment(137) | ホテル見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。