このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2010年10月25日

上海市 軽紡市場

上海市郊外の“上海市軽紡市場”に行って来ました。

上海に来てからゴルフの機会が増えたのですが、新調したテーラーメード“ロッサ スパイダー”の距離感が難しい。
ロッサ スパイダー.JPG

直進性はバツグンなのですが、ヘッドが重たい分、少しの振り幅の差で大きく距離が違ってきます。ロングパットの距離感を磨く為に“長い絨毯を買って練習しよう”と思いました。
マンション(借家)室内の一番長い箇所を調べると10mありましたので、10m×1mの特殊絨毯を買うことにしました。
近くの絨毯屋に行くと「そんな特殊な絨毯は上海市軽紡市場に行ってくれ」とのことより、ネットで上海市軽紡市場を調べました。
バスではここにあります通り 561,717,947,948,950 で行けますが、凱旋路中山公園から出ている947号線に乗るつもりでした。
しかし当日は強い雨が降っていたので、しかたなく古北地区からタクシーに乗りました。
時間的には20分、料金は30元程度でした。

非常に非常に大きい市場でした。
軽紡市場 概観.JPG

写真では表現出来ませんが、300m×100m 3階建ての建物でした。
軽紡市場 屋内.JPG

そこに10m四方程度のお店が軒を連ねています。計算上は数百店舗あるはずです。
でも絨毯のお店は以外に少なく20店舗程度。その上、10m×1mの特殊絨毯なのでなかなか見つかりません。なんとか見つけ出した後、店主(老板)と価格交渉。最初65元/mだったものをねばって35元/mまで値下げ。実物を測ると長さ9mしかなかったので、35×9=315元。これを300元まで値下げさせました。途中で老板から「日本人はお金持ちだから、あんまり値切らないで」と言われてしまいました。
戦利品です。
絨毯 縦.JPG

早速、敷いてみました。
完成図.JPG

当初のイメージ通りで大満足です。

一番端から反対側の端を目指して、パットしてみました。
第一球目からこんなにギリギリ。二度とこれ以上端に寄せることは不可能でしょう。
第一打.JPG


【追記】
この軽紡市場の周りには大型のショッピングセンターがいくつもありました。
小商品市場や
小商品市場.JPG

靴市場や
靴市場.JPG

なんかでっかいショッピングセンターや
でかいショッピングセンター.JPG

プレゼント用品市場など。
プレゼント用品市場.JPG


この日は生憎の雨で、重たい絨毯を早々に買ってしまったのでウロウロ出来ませんでしたが、今度じっくりと回ってみたいと思います。
posted by ムーゾン at 13:20| Comment(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

南外灘布市場

日本から持ってきた仕事用のスラックスが傷んできたので、中国で新調しようと思いました。オーダーメイドが安そうなのでネットで調べると“十六舗布市場”と“南外灘布市場”が有名であることが分かりました。どちらにしようか思案しましたが、最近は南外灘の方が人気があるとの情報あり、そちらに決めました。地下鉄の駅からも近いのも決め手になりました。
10号線から虹橋路駅で4番線に乗り換えて、南浦大橋駅で降りて徒歩10分弱。大きな「布」の字が目印です。
建物 全景.JPG

建物の中は小さなお店がひしめき合っています。以前訪問した七宝路と見た目は似ていますが、七宝路は既製品なのに対してこちらはオーダーメイドの店が並びます。ただ欧米人比率非常に高いです。それもオーダーメイドしか着れないような超デブな人が多いです。多くの店員さん非常に英語が上手です。日本語OKの店は見つけることが出来ませんでした(存在するようですが)。
内部風景 @.JPG

内部風景 A.JPG

見た感じ、どの店も同じような雰囲気でここぞという決め手に欠けます。30分以上ブラブラと店定めをした後に、適当に飛び込みました。決め手はせいぜい“男性物の商品比率が高そう”だったからと、“通路のコーナーだから取りに来るとき迷わないだろう”ということくらいです。
202.JPG

さっそく店員が群がってきて、あれやこれや薦めます。積まれた商品の中からよさそうな布を取り出し生地の感触等を調べていると、いきなり店員のおじさんが布の端っこをライターで焼き始めました。「今からこの布買おうと思っているんですけどぉ」と思いましたが、どうも燃えカスの臭いを嗅がせてウール100%であることをPRしたかったようです。せっかく来たので2本作ろうと思い、もう1種類布を選びました。
布@.JPG

布A.JPG

2本いっぺんに作るので少しまけてもらい、合わせて450元となりました。
前金200元を支払い、1週間後の完成です。

1週間後行きました。地下鉄乗って同じルートで。試着してみました。
ガーン!フトモモがピッチピチやん!いやいやオーダーメイドだからピチピチ可能かもしれないが格好悪いやん!と思って店員に文句言っていると、同じように試着していた欧米人のフトモモもピッチピチ。でも欧米人は「ナイス!グッド!」と大満足(いやいや、カッコわるいよぉ〜)。ピッチピチは欧米のセンスか?ここは欧米人が多いのでみんなこんなセンスなのか?(欧米か?懐かしい)
とりあえずフトモモの部分を太くするように指示しました。出来上がりはまた一週間後。

また1週間後行きました。地下鉄乗って。試着してみました。
まあ、今度は許せる範囲でしたが、まだ日本人感覚ではピチ。でも布は切ってしまっているのでこれ以上は太く出来ません。残りの250元を支払って商品を受け取りました。
仕上がり@.JPG

仕上がりA.JPG

現時点で一週間ほど履いてみましたが、問題は無さそうです。布も手触り、履き心地がいいです。冬は同じ店でスーツを作ろうかと思います。
posted by ムーゾン at 15:11| Comment(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

典瑪時尚生活館

※この店はもうありません。

黄金城道×銀珠路 の遊歩道にある「典瑪時尚生活館」  
ファミマの2Fにあります。
天馬 正面.JPG


場所柄(日本人街ど真ん中)、高級感がありお値段も高めですが、そのぶん物は間違いない(偽者ではない)という期待が持てます。中には元ブランドのタグを切り取っている服もあります。ラオパン(老板)に理由を聞きますと「元ブランドの専門店との約束で」とのこと。たぶん市中の専門店の売れ残りを激安で仕入れているのでしょう。またポールスミスのポロシャツのサイズ違いを欲しいと言ったところ「工場に問い合わせます」との返事で、すぐに携帯電話していました。いままで紹介したお店よりは少し高めですが、いいものが置いてあるように思います。

【このお店で買った服】
ポールスミスのアロハシャツ 500元 (これ着て海南島に行きました)
ポールスミス アロハ 500元.JPG


ヴィヴィアンウエストウッドのブラウス 500元 (帰国時の妻へのお土産)
ビビアンウエストウッド シャツ 500元.JPG


ポールスミスのポロシャツ 400元(帰国時の子供へのお土産)
ポールスミス ポロシャツ 300元.JPG
posted by ムーゾン at 09:45| Comment(4) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。