このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2014年02月03日

【御伽噺】中国 根源的な欠・(3/3) 国営企業

国営企業のケジメの無さ

中国は社会主義国。原則、生産資本は国有です。
よって主要産業の大手企業は全て国有企業です。
ここまでは、まあ当たり前。
問題なのは、国営企業のトップ(総経理等)が中国共産党から派遣された役人ということ。
地方政府のトップだったような人が突然、石油会社の社長になったりする。
日本の社長だと、一兵卒(新入社員)から上がってきた人が主流。
創業者一族というのもあるが、それとて若い内から経営者になるべく修行を積んだ上でのこと。
突然社長になっても、専門知識もなかろうに。
従業員も、降って沸いたような社長に「俺の出世(党内順位アップ)の為に働け」
と言われても、モチベーション上がらない。
社長は共産党への成績報告の為だけにいるようなもの。
誰が経営しても儲かる時代ならいいけど、これからはそうはいかない。
「大躍進政策」時代の粉飾報告がまかり通る。
国営だから最後はお上がなんとかしてくれるという甘えもある。コスト意識希薄。
今や “金払いの悪い企業”といえば“国営企業”。


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(0) | 御伽噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

【御伽噺】中国 根源的な欠・(2/3) 戸籍

戸籍問題(労働力不足の矛盾)

農民戸籍の人は、簡単には都市戸籍を取得出来ない。
都市に出稼ぎに行くには「農民工」の身分で行くしかないが、都市生活の物価の高さにより手元に残る金額が少なく、疲弊して帰郷することになるだけ。
(そもそも都市の不動産は高額で買えるはずも無く、いつかは帰郷する前提となる)
農村であれば、現金収入は少ないが(平均10万円/年)、食べるのには困らない。
この様な悪条件の為に「農民工」の成り手が減ってきているので、
13億人もいるのに労働力不足が発生している。
広州市ではベトナム人の不法労働者が常態化している。
http://textream.yahoo.co.jp/message/1061689/bbda4h7pbaq?comment=5303
戸籍移管を簡単にすれば良いということになるが、都市戸籍の人間は公的福祉が厚く公的コストが高いので、都市側行政は受け入れを拒んでいる。(上海人であるだけで、既に特権階級)
上海市の隣の浙江省の人の話では、上海の戸籍を持っているだけで生活保護を受ける権利があり700元/月貰えるが、浙江省の人には生活保護は無いとのこと。誰だって上海の戸籍が欲しくなる。上海隣の浙江省の人口5,000万人がみんな上海戸籍になったら上海市の負担は大変なことに。
北京市も“主要任務は人口急増の抑制”としている。(戸籍以前に流入阻止)
http://japanese.cri.cn/881/2013/12/23/142s215975.htm
戸籍を移動させることが出来ない(引越し出来ない)ということは、
教育を受ける権利にも影響する。
「農民の子は農民」という負のスパイラルに陥る。
(特権階級はそれでヨシなのか。家畜ならぬ国畜?)

中国を『13億人のマーケット』と見るべきではない。
都市戸籍を持つ『3億人のマーケット』規模と見た方が順当だろう。
http://www.newsclip.be/article/2013/10/30/19555.html

戸籍に関する下記記事もご参照
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140116-00000032-rcdc-cn

10億人規模の“農作物低コスト生産マシーン”を持つことが、
この国の強みかもしれないが。
最後は、食さえあれば何とかなる。


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(0) | 御伽噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

【御伽噺】中国 根源的な欠・(1/3) 金融

金融システムの不備(金の貸し方が分かっていない)

中国には民営銀行はほとんど無く、五大銀行(中国工商銀行、中国建設銀行、中国銀行、中国農業銀行、交通銀行:全銀行資産の約50%)も全て国営。
建前としては社会主義国家であるので、銀行の金利についても国家からの指定があり、預金受入基準金利:3%(上限3.2%)、貸出基準金利:6%(下限4.2%)。
本来の金融業とは、ハイリスクな投資にはハイリターン(高金利)、ローリスクな投資にはローリターン(低金利)という、リスクと金利とを天秤に掛けた金融技術が必要となるが、上記の様な手法の中では金融技術は磨かれない。
またローリスク?な国営企業が優先的な融資先となる。
このような状況の中で中国内のリスクマネーへの需要に対応するために
「シャドーバンキング」が自然発生してきた。
日本で言うと(死語ではあるが)「頼母子講」「無尽講」となる。
一歩間違えれば「ねずみ講」の類。
この「ねずみ講」の貸出総額が20億元とも30億元とも。
中国全体のマネーストックが約100兆元であるので、数割の規模が闇金融。
経済活動や管理通貨(人民元)の数割が政府コントロールの蚊帳の外にある状態。
また国有銀行の「国営企業は回収ノーリスク」という前提での融資も非常に危険。
国営企業は非常に生産性が低い。儲けることが出来ない会社から回収出来るのか?
五大銀行が国有企業であるので、中央銀行(中国人民銀行)とのケジメも曖昧。
事実上、五大銀行も中央銀行のようなもの(いくらでも人民元を印刷出来る?)。


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(0) | 御伽噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。