このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2014年07月03日

【御伽噺】 「中東に石油あり、中国に“農奴”あり」

「中東に石油あり、中国にレアアースあり」
これは1992年にトウ小平が言った言葉。
中国はレアアースを戦略資源として対外戦略を有利に進めるという意味だが、
消費したら消えてなくなる石油とは違って、レアアースはリサイクル・リデュースにより
需要が減って、思惑通りにはならなかった。

経済的に世界を牽引している国には、それぞれの長所がある。
中東・ロシアはエネルギーの原産国。
アメリカは総合力がすごい。最近はエネルギー原産国にもなってきているし。
日本は、、、人材かな。
常に新商品・新サービスを世界に先駆けて開発しなければならない宿命であるが。

では中国は???
私は「安価で豊富な農作物」が可能にする「安価で豊富な労働力」だと考えます。
「安価で豊富な農作物」は
・広大な平地
・十分な水資源
・十分な農民
によって成り立ちます。

中国を飛行機や鉄道、高速道路を使って移動する時に感心するのが
見渡す限りの広大な農地。
“広大は平地”は昔からあったのですが、それを農地に買えたのは“十分な水資源”。
中国の歴史を見ると、日照りと洪水で飢饉が発生して、農民反乱が発生し、王朝が
弱体化するということが繰り返されてきました。
日照りと洪水。雨が少なすぎても多すぎても飢饉、という状態でしたが、
近代中国は“三峡ダム”をはじめとする治水対策で、これを克服。
あとは“十分な農民”がいれば「安価で豊富な農作物」の供給が可能。

中国13億人の内、半数が農民です。最低限の
しかも戸籍制度により、簡単には都市に移住出来ません。
産業が無い地方では、農民になるしか無いのです。これは事実上「農奴」です。
「中東に石油あり、中国に“農奴”あり」

「安価で豊富な農作物」が「安価で豊富な労働力」を可能にします。
“生命を維持する最低限のコスト”が安く済むからです。
確かに現時点は、農民工の成り手が少なくなって、沿岸地域の人件費が上がっていますが、
これは不動産バブルが地方に流れて、無意味なマンション、ショッピングセンター等
の建設に人手が取られているだけであり、地方の不動産物件の値下がりが顕著化しそうな
状況にあるので、新規物件の建設が少なくなれば現金収入を求める農民工は
また増えてくるでしょう。

戸籍制度により地方に縛り付けられている農民は、現金収入を得るのが難しい
ので、子供に教育を付けてやることが難しく、子供も農民にならざるを得ない
という負のスパイラル。「農奴の子は農奴」

豊富な「農奴」に支えられた「安価で豊富な労働力」こそ、この国の優位性。

上海人等の都市戸籍人は、構造的に恵まれていると思う。
「安価な労働力」で作られた財を、国際相場の価格で海外に売ればいいのだから。
もちろん海外を相手するには、それなりの知識習得(語学等)、努力が必要だが。
まあ、ウチの会社で働いているスタッフは、その恩恵を受けているのだが。
○モナー.png


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

posted by ムーゾン at 08:00| 上海 ☁| Comment(0) | 御伽噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

【御伽噺】 在中国の日本人は今、なにをするべきか?

そんなこんなで、段々と暗雲が立ち込めてきた中国ですが、、、
中国にいる日本人は今、なにをするべきか?(ス〜パ〜私見です)

・とにかく人民元を日本円に交換して、日本に移す
アベノミクス?いや米FRBの量的緩和縮小によって、今は円安傾向にある。
でも、世界経済が不安定になれば、すぐに円高傾向になる。
特に中国発の世界経済危機の可能性。
今のように人民元を放漫に供給していたら、いつかは人民元の下落が始まる。
ドルとの比較で円高、人民元安のダブルパンチで、中国に保有している人民元の価値が円換算で下落の一方。
今は少しでも切り詰めて、人民元を日本円に交換して、日本に移すべし。
日本の預金金利が低い? それよりも為替リスクの方がでかい。
日本円への交換は、銀レンカードを使って日本でセブン銀行、都市銀行から引き出すのが簡単。
http://muzon.seesaa.net/article/390779737.html

・駐在員家族は、来年・再来年での帰国ラッシュの心づもりを
既に上海では1万人の日本人が減少しているようですが。約2割。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140523/chn14052319230012-n1.htm
今は大気汚染の影響が大きいみたいですが、今後は中国の経済不安の影響からの
不採算事業の縮小・撤退などが出てくるでしょう。
それよりも影響が大きそうなのは、暴動・テロによる安全不安。
特に日本の大企業は人事部の責任問題を回避する為に、安全サイドの対応をする傾向があります。

・日系企業の総経理は、ワンマン経営対応の準備を
上記の安全対応の為に駐在員が帰任させられる中で、総経理だけが居残りを命じられるようになる。
中国経済の拡大も期待できないので、本社からは
「会社が死なないように、時が来るまで一人で守りきれ」
と無茶ブリされるようになる。
企業規模の拡大は捨てて、現地スタッフのみと“いかに延命するか”が命題になる。
今のうちから「どの現地スタッフと組んでいくのか」を考えておく。

・現地採用の人は、日本出戻りのシミュレーションを
中国のインフレは基本的に止まらないでしょう。人民元刷り刷りだから。
景気後退で昇給も期待できない。
中国での生活レベルもジリ貧傾向ですが、円高、人民元安で、日本円換算でどんどん
給与・貯金が目減りしていく。
今までは好景気の中国の方が、景気停滞の日本よりもチャンスが多かったが、
これからは中国で働くことにメリットが出てこなくなる。


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(0) | 御伽噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

【御伽噺】 “バブル崩壊しない”ことが中国の問題なのだけれど、、、、

従来より、このブログで「中国のバブルは崩壊しない」と書いてきましたが
http://muzon.seesaa.net/article/374419901.html
http://muzon.seesaa.net/article/383631272.html

“バブル崩壊しない”ことこそが中国の問題です。
下記の産経ニュースにも書いてあります。
『中国「バブル崩壊」先送り 世界に不安まき散らす』
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140430/fnc14043013450013-n1.htm

ここに書かれていることで、
『仮に大手国有商業銀行のバランスシートが大きく毀損(きそん)しても、中国は380兆円以上の外貨準備を保有している。この外準を金融機関向け資本注入用に使える。』
とありますが、これはちょっと違うんじゃないかと思います。
別にそんなことしなくても、共産党が支配している中央銀行(中国人民銀行)に命じて
人民元紙幣をバンバン印刷して、大手国有商業銀行に供給すればいいだけだから。
一時、盛り上がった金融商品のデフォルト問題も、その後、音沙汰が無い。
http://muzon.seesaa.net/article/386221057.html
全ての金融商品が運用利回りを出して償還されているのか?
そんなわけが無い。何らかの政府機関が投資家の損失補填をしているのでしょう。
投資家への損失補填で思い出すのが、山一證券の倒産。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%80%E8%AD%89%E5%88%B8
そんなこと続けたら私企業だと倒産だけど、政府一体でやってるのだから。

「バブル崩壊」先送りの為に、“通貨(人民元)をドンドン印刷”すれば、、、、、
基本的には“インフレ”が起こるのだが、、、中国では単純にそうならないような。
その理由は、、、「戸籍制度に裏打ちされた“農奴”制度」
戸籍制度によって事実上移動が制限された農民(農奴)が中国には約7億人います。
現金収入での貧乏話は中国でよく聞きますが、餓死者というのは聞いたことが無い。
日本の方が、生活保護を打ち切られた人が、餓死したりしている。
それだけ農作物の供給力はあります。食料自給率も非常に高いです。
よって市中への通貨の供給が増えても、需要/供給の関係から食料の価格はなかなか上がらない。
食料の値段が上がらないから、低レベル労働者の給与も上げる必要が無い。(生きていける)
低レベル労働者の労働によって製造される商品の値段も上がらない。

また大量に供給されている人民元は“不動産関連業界”というカジノ(賭場)
の中で回っている状態で、それ以外への流出は少ないのでは?

大量の農奴に裏打ちされた安い農作物。
安い農作物に裏打ちされた安い労働力(単純労働)。
大量に供給される人民元はカジノ(不動産業)の中に留まる。
のであれば、、、インフレは発生しない!?!?!?

でも、、、いつかは、新たに建設する建物は無くなる(減少する)、、、、
その時、巨大に膨れ上がったカジノ(不動産業)から、資金が流出する、、、、
“食料の買占め”等が、起こらなければいいのだが、、、

カジノから資金が流出した時に、、、、人民元が紙屑に?????


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(129) | 御伽噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。