このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2014年06月05日

【香港マカオ旅行】 地方戸籍者のイミグレ対応 

端午節の連休を利用して香港マカオへ旅行。
今回は非都市戸籍の中国人達と一緒だったので、手配が大変。

http://www.nacglobal.net/2014/01/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%A6%99%E6%B8%AF%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%B8%A1%E8%88%AA%E6%89%8B%E7%B6%9A%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
上海等28都市の戸籍の人は、香港マカオに“個人旅行”の手配が出来るのだが、
地方戸籍(農村戸籍)の人は“団体旅行”に参加しないと
香港マカオに行けない。
事前調査で“深センからのイミグレで団体旅行の添乗員に50〜100元支払えば、
イミグレ時のみツアーに混ぜてもらえる”という情報を、深セン人から聞いて
いたのですが、行ってみてから失敗した時のリスクを考えて、この手段は避けた。

それで、春秋航空の団体ツアーに参加することに。
香港3泊、マカオ1泊の四泊五日で、約3,500元/人のツアーに参加。
“香港3泊、マカオ1泊”以外は、フライトスケジュールも宿泊ホテルも
詳細ツアースケジュールも“前日”でないと分からないツアー。
前日に、浦東空港14時頃に出発の便だと分かる。12時に浦東空港に集合。
約40名程度が集合した。
私は日本パスポートなので一人で出国審査。
残り全員は団体で出国審査。
そして皆で、香港へ。
香港ヘ.jpg

香港での入国審査は、個人別々(団体での対応は無い)。
入国審査後に、15名程度が添乗員さんに「バイバイ」
この後、上海に戻ってくるまでマカオ入国時も
“団体旅行”の確認は無かった。

【地方戸籍者の渡航対応】 地方戸籍者でも個人旅行は可能!
・団体旅行であることの確認は“中国からの出国手続きの時のみ”
・春秋航空(春秋旅遊社)の様な大きな会社もで“出国時だけ対応”をやってもらえる(料金は不明)


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。