このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2014年02月20日

ウクライナのデモに、明日の中国を見た

日本のテレビでは、連日ウクライナのデモが報道されている。
中国のCCTVでは、まだ見たことがない。
ウクライナ関連のネット情報はVPN通さなきゃ見れないし。
ウクライナ.jpg

ウクライナの経済危機は深刻で、ウクライナ国債はデフォルト寸前です。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM19034_Z10C14A2FF2000/
http://plaza.rakuten.co.jp/mamakuncafe/diary/201402200000/

“3カ月に及ぶ政治危機の背景には、汚職のまん延や経済の悪化を招いた親ロシアのヤヌコビッチ政権への不信がある。”
とのこと。“汚職のまん延”って、中国も同様に(それ以上に?)国民が不信を抱いている。

今回のデモは、破たん寸前のウクライナが
・ロシアに助けを求めるか(現政権)
・EUを経由した西側諸国に助けを求めるか(野党)
で、争っている状態。
ウクライナ3.jpg

ここに中国の将来が見えてしまう。
ウクライナ2.jpg

デフォルト問題が表面化してきた「闇の銀行」の大口の融資先は“地方政府”。
ソヴィエト連邦という過去を考えれば、ロシアは“中央政府”であり、
ウクライナは“地方政府”

地方政府のデフォルトを誰が救うのか?

・北京の中央政府に助けを求める派閥
・台湾・香港(広州?)等を経由した西側諸国に助けを求める派閥
に分かれるのではないか?

下の写真が、EU旗では無く、青天白日満地紅旗に代わる日がくるかも。
ウクライナ4.jpg

ウクライナ5.jpg

ロシアは産油国で金持ってるけど、北京中央政府は金あるのかな?
ああ、当面は米国国債があるか。あれを売れば、、、、、
って、米国が困って世界的な経済悪化になるか、、、、
(北京の中央政府が西側諸国に助けを求める?)


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 11:33| 上海 🌁| Comment(0) | 中国考虑考虑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: