このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2014年01月09日

4回目の 天蟾逸夫舞台(越劇鑑賞)

これで4回目の「天蟾逸夫舞台」
前回は2012年の夏だったので、一年半ぶり。(以前の3回分は下記)
http://muzon.seesaa.net/article/188205122.html
http://muzon.seesaa.net/article/197661777.html
http://muzon.seesaa.net/article/282639543.html

今回は、越劇(紹興を中心とした浙江省の演劇)の名場面集、という内容。
いくつかの有名な越劇の名場面を、有名な俳優が演じるということで、超満員。
超満員.JPG

でも、小生には名場面だけ演じられても、ストーリーが分からないので大変。
本日の演目は
演目.JPG

まず最初は「血手印」
妃の弟が窃盗で死罪を言い渡されるが、姉を頼って恩赦をお願いする。
でも妃は「正々堂々と罪を償う」ことを諭して、弟は処刑場に向かう。
という場面。
血手印.JPG

次に歌のコーナーを挟んで
歌.JPG

3番目が「情探」
どういうストーリーだったかなぁ、忘れた。これは真ん中の女性が恋人を追って
地獄に行くシーンだったかなぁ。左端は閻魔大王だったはず。
情探.JPG

4番目が「漢文皇后」
完全にストーリー忘れたなぁ。
漢文皇后.JPG

5番目が「梁祝」、以前見た『梁山伯と祝英台』
http://muzon.seesaa.net/article/282639543.html
梁山伯と祝英台の別れのシーン。
梁祝.JPG

6番目が「紅楼夢」、これも以前見ました。
http://muzon.seesaa.net/article/188205122.html
ヒロイン林ちゃんの病死のシーン。
紅楼夢.JPG

7番目が「宝玉夜祭」
死んだ恋人が“扇子の破れる音”が好きだったので、哀悼を込めて
次々と扇子を破るシーン。
宝玉夜祭.JPG

8番目が「孟麗君」
これもよく分からなかった。名場面集はストーリーが分かりにくい。
猛麗君.JPG

9番目が「何文秀・算命」
インチキ占いのショートコント?
何文秀.JPG

7時開演で、最後まで見たら10時半だった。地下鉄もう無かった。


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

posted by ムーゾン at 08:00| 上海 ☁| Comment(0) | 上海生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。