このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年05月06日

中国の“田舎に泊ろう”  龍遊(その1)

このブログは個人的に“新しい経験”をした時に、備忘録的に書いていますが、、、
3年以上、上海で住んでいるとなかなか“新体験”がない訳で。
そんなこんなで2週間以上、ブログ放置していました。ネタがない。
でもアクセス数は減ってないので履歴を見ると、多くが「ゴルフ考察」。
いつの間にかゴルフブログになっている。

そんな時に知人から「中国の田舎に泊る」チャンスをもらったので、行ってみることに。
場所は「龍遊」  どこ?
上海虹橋駅から高速鉄道に乗って、杭州を過ぎて、雑貨で有名な義烏を過ぎて、金華ハムで有名な金華を過ぎて、その先。
龍遊1.JPG

龍遊2.JPG

上海虹橋駅から3時間半。6時50分発で、10時20分着。
でも急に思い立った旅行なので席が無い!無座!三時間半、どうする!?
行きチケット.JPG

社内掲示.JPG

食堂車に駆け込むと空席が!15元のコーヒーを買って座っていると。
食堂車.JPG

コーヒー.JPG

車掌さんが来てチケット確認。その際に「お前はもう下車までこの席に座っていろ。管理が面倒くさいから。」とのこと。
基本的に全席指定の中国の列車において、食堂車だけが唯一の“自由席”のようです。
「無座」でも、始発駅であれば改札を急げば食堂車で座れるということ。
で、3時間半後に「龍遊駅」に着きました。
駅1.JPG

駅2.JPG

そこから“渓口”という町に移動とのこと。
渓口1.JPG

渓口2.JPG

龍遊駅から白タクで30分、ひとり20元。
渓口の町に着きました。(黒い車が白タク)
渓口3.JPG

けっこう、田舎に着たけど、ここだよね?え、まだ行くの?
ということで更に白タクに乗り換えて30分。最終目的地は「賀抗村」というところ。
賀抗村1.JPG

賀抗村2.JPG

はい、着きました!宿泊先は矢印。
宿泊先1.JPG

想像を超えていました。リアル農家ですね。
宿泊先2.JPG

部屋とベッドは快適でしたよ。
部屋.JPG

ベッド.JPG

昼頃に到着したのですが、カマドがある昔ながらの台所で、
台所.JPG

昼から宴会開始!
宴会.JPG

上海から日本人が来た!歓迎光臨!ということで、私の為に犬を一匹潰してくれました(涙)。
犬肉.JPG

犬肉を食べるのは二回目だワン(オイオイ)。
http://muzon.seesaa.net/article/331792952.html
味は美味しいのだが。こんな小さな家で一緒に暮らしていた犬が、私の為に食卓に。
まあ、鶏も豚も私の為に潰してくれたのですが。(犬って、、、なつくよね?)

手作り?の米酒を勧められるままに。日本酒よりも少し強い(30度前後?)。
米酒.JPG

美味しい料理と、どんどん米酒を勧めてくるので飲んでいると酩酊状態に。
夕方まで寝ていました。

夕方に起きて家の周りをぶらぶら。雨が降ってきました。
周り.JPG

周り2.JPG

家の中には毛沢東主席のポスターが。今でも崇拝されています。
毛沢東.JPG

そうこうしている内に夜の宴会が。やっぱり米酒で酩酊状態に。
ヨモギ餅を食べました。中はアンコではなく、メンマを刻んだようなもの。
ヨモギ餅.jpg

寝る時に、家の電気を全部消したら真っ暗。本当に真っ暗。目を開けても閉じても同じ景色。完全な真っ暗。


↓↓なにとぞクリックお願いします。人気ランクがアップすると嬉しいです。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいところに行きましたね。
興味津々です。
帰りは無事でしたか?
こんなところにはタクシーとかいないですよね。どうやって帰ってきたのか気になります。
それにしても犬一匹潰してくれるとは、
すごい艦隊ですね。
Posted by chinausa at 2013年05月06日 22:00
正式なタクシーは無いのですが、電話で白タクを呼ぶことが出来ますワン。
明日、二日目の模様をアップしますワン。
Posted by ムーゾン(chinausa様へ) at 2013年05月07日 09:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: