このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2012年11月07日

西安旅行 華山 前半

二日目は「華山」登山?です。
9月の計画時には予定に入れていなかったのですが、下の様な写真を見つけて「この目で見てみたいと」思いました。この場所は「長空桟道」と言います。
長空桟道.jpg

あまり「華山」のことをよく知らずに計画に入れたのですが、中国の「五岳」のひとつでした。
「中国の山岳信仰の中心にある五つの山を五岳という。南岳は湖南省の衡山、北岳は山西省の恒山、西岳は陝西省の崋山、東岳は山東省の泰山、中岳は河南省の嵩山。」

事前の調査では、「バス游1」というバスが1日1便、西安駅の東広場から8時発で出ていて、帰りは華山を17時発とのこと。
1日1便より乗り遅れたら大変なので、6時に起床してホテル近くで米線を食べて、タクシーで西安駅の東広場に移動しました。
東広場.JPG

東広場で「華山」の看板があるバス停を見つけました。
華山バス停.JPG

バスが複数台並んでいます。1日1便じゃないの?
バス1.JPG

バスもそこそこ綺麗です。
バス2.JPG

往復で60元/人です。説明では、帰りのバスの最終便は19時発だと。ここで気付きました。このバスは当初予定していた「バス游1」では無いということを。しかし19時まで華山に滞在可能なので、逆に助かりました。

2時間程度で華山到着です。バスは華山登山の徒歩での登り口前の繁華街に止まりました。
下から全て徒歩で行く気は無いので、ロープーウェイの乗り口を目指します。
タクシー運転手に告げると、「ロープーウェイに乗るには、まず専用バスに乗る必要がある」とのことで、専用バス乗り場に。ここがバスチケット売り場。
シャトルバスチケット売り場.JPG

ここで入山費用180元/人(高い!)と、シャトルバス往復20元/人を支払います。
シャトルバスはこんな感じ。
シャトルバス.JPG

次にロープーウェイのチケットを買います。往復150元/人。これもそこそこ高い。
入場券、ロープ売り場.JPG

けっこうしっかりした新しいロープーウェイです。
ロープーウエイ.JPG

ロープーウェイからの景色。既に断崖絶壁ですね。
ロープ景色.JPG

ロープーウェイ降り口からの景色です。
ロープ降り口.JPG

「華山」は、東峰、西峰、南峰、北峰の4つの峰があり、ロープーウェイは北峰まで延びているとのこと。でも北峰の石碑に辿り着くまでにビルの8階程度まで上がったような階段が続きます。スタート地点に着くまでで一苦労。
北峰.JPG

北峰から見渡すと、、、、目標地点の「長空桟道」は最高地点の「南峰」に近いということなので、一番高いところを目指すとすると、、、
目的地.JPG

ここですか?私はアルピニストか!?
とりあえず北峰を出発しようと。スタート地点の写真です。
北峰スタート.JPG

赤丸のところで何かがうごめいているような、、、拡大。
何かが.JPG

人ですか?
人ですか?.JPG

北峰から一旦下がってから(なんで下がる)蟻のような行列に加わります。
登ります.JPG

少しなだらかになってきました。もう難所は終ったのかな。
少しなだらか.JPG

やっぱり登ります。
やっぱり登る.JPG

ただ登るのでは無く、道の脇は落ちたら終わりの絶壁です。休憩すると自分の置かれた立場が怖くなるので、一心不乱に登り続けます。
絶壁.JPG

ほとんど垂直のような道も登ります。
まだまだ登る.JPG

写真に写りこんでいたオバハン。でかいサングラスにヴィトンのバッグですか?!徐家フイの港フイ広場に買物に来た富裕層ですか?!私は“徐家フイのオバハン”と名付けました。
徐家フイのオバサン.JPG

ちょっとなだらかなところがあり、一休み。遠くを見ると「ん?」
一休み、ん?.JPG

また先の方で何かがうごめいています。
うごめく.JPG

やっぱり人でした。落ちたらどうするよ。しかも一旦下がらなきゃいけないし。
やっぱ人.JPG

気を取り直してリスタート。
リスタート.JPG

すごいのが、重たい荷物(木材、センメント等)を担いで登る運び屋さん。ロープーウェイ無しで下から運んで50元とのことでした。
荷物運び.JPG

振り返ると落っこちそうです。でも帰りはまたこの道を下らなければ。
振り返る.JPG

途中での絶景。でも終点はまだまだ先と感じます。
絶景&遠い.JPG

そうこうしている内に「金鎖関」というところまで来ました。ここに願い事を書いた南京錠を付けると願いが叶うとのことで、ここを目標にしている人も多いです。
金鎖関.JPG

鎖.JPG

とりあえず急坂は「金鎖関」まで、という情報なのでほっと一安心。
それでは「長空桟道」を目指します。


↓↓なにとぞクリックお願いします。人気ランクがアップすると嬉しいです。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 08:32| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: