このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2011年09月19日

黄龍 前半

今日は九賽溝よりも美しいと言われる黄龍へ!
その前にホテルの横にある「天珠」博物館に見学とのこと。
「天珠」とは、wikiでは http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%8F%A0 通りです。

博物館はなかなか立派で、日本語を話す人が説明に当たっていたのですが、、、
宝石博物館.JPG

天珠1.JPG

天珠2.JPG

琥珀1.JPG

金入り水晶.JPG

結局は博物館ではなくて、天珠の販売所でした。本物の天珠ということで、ネックレスで数千元の高値です。
天珠ネック1.JPG

天珠ネック2.JPG

微かに高山病なのに、マンツーマンで押し売りされてウザイ。でも本物の天珠も参考までに(記念に)欲しくなったので、一番安いストラップ(150元)を買いました。
本物天珠.JPG

博物館(販売所)を出発し、バスで黄龍に向かいました。
黄龍は一番上方に五彩池というのがあって、ここが黄龍の最大の見所なのですが、ガイドが「今日は帰りのフライトが早いので、ロープーウエイで上まで登ったら帰れなくなる可能性があるので、ロープーウエィーは使いません。」とのこと。何とここまで来て五彩池を捨てるのか?!

黄龍入り口の解散が9時前で、13時30分までに入り口に戻ってくるように指示を受けました。
入り口地図.JPG

黄龍入り口1.JPG

黄龍入り口2.JPG

ツアー参加の若者は、解散と同時に駆け出して五彩池を目指しますが、標高3,000m以上で山道を駆け上がる体力は私には無い。
早足で観光を進めながら、チャンスあれば五彩池を目指すことにしました。
とにかく長い長い階段が続きます。
入り口付近階段.JPG

まず最初が迎賓池です。
迎賓池地図.JPG

ここだけでも十分綺麗ですが。
迎賓池1.JPG

迎賓池2.JPG

迎賓池3.JPG

迎賓池4.JPG

迎賓池5.JPG

迎賓池の上にある滝も綺麗です。
迎賓池の上の滝.JPG

また長い階段を上がって行きます。
長い階段1.JPG

蓮台滝です。
蓮台池地図.JPG

蓮台滝1.JPG

身洗洞です。
身洗洞地図.JPG

身洗洞.JPG

身洗洞の上のカルスト地表沿いに長い長い階段を上がって行きます。
長い階段+洞の上.JPG

どんどん上がっていくと盆景池です。
盆景池地図.JPG

盆景池1.JPG

盆景池2.JPG

とにかくどんどん上がって行きます。一か八か五彩池を目指します。

前半の見所の彩池に着きました。
彩池地図.JPG

彩池1.JPG

彩池2.JPG

彩池3.JPG

彩池4.JPG

彩池5.JPG

十二分に綺麗です。でも足を止めることは出来ません。とにかく五彩池を目指して登り続けます。

ここから先は五彩池まで特に見所は無く、単に忍耐との勝負です。標高3,500m程度の高地をただただ登るだけです。


黄龍 後編に続く



↓↓できればクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 09:52| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。