このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2011年07月04日

チベット旅行・6日目(林芝→パソン・ツォ→ラサ)

この日はパソン・ツォ(巴松措)という湖に寄って、もと来た一本道を戻ってラサに帰ります。
車で1日に500km移動しますので、大変です。朝6時30分の出発で、出発時はまだ夜明け前でした。

移動中は土砂降りでしたが、パソン・ツォ(巴松措)到着したら止んでました。山の天候は変化が激しいです。
立派な入り口です。
バソンツォ入り口.JPG

入り口付近の駐車場から“これぞチベット”という写真が撮れました。
入り口景色1.JPG

入り口景色2.JPG

入り口景色3.JPG

パソン・ツォ(巴松措)はとても美しい湖です。
バソンツォ案内図.JPG

湖景気1.JPG

湖景色2.JPG

湖景色3.JPG

湖の中に湖心島という島があります。
湖心島.JPG

橋を渡って湖心島に渡ります。
湖心島への道.JPG

島の中にお寺(修理中)がありました。中に入るとチベット仏教最大派閥のゲルグ派の開祖“ツォンカパ”の像などがありました。
チベット仏教は、ダライ・ラマ、パンチェン・ラマ、ツォンカパ等、実在の生き仏が祭られているので、非常にリアリティーがあります。この辺りがチベット人の信心深さにつながっているのでしょうか。

お寺の中で小麦で出来た精進料理がありました。お坊さんに5元のお布施を渡してひとつもらいました。
精進料理.JPG

小麦を水とバターで練ったような食べ物でしたが黒砂糖が入っており、見た目よりは美味しかったです。

湖を出発しようとすると怪しげな売人が近づいてきました。
売人.JPG

包みを開けると大量の“冬虫夏草”でした。(日本相場だと100万円くらいの量?)
冬虫夏草.JPG

聞いたことはありましたが、その効能、値打ちは知りません。「1匹10元」と言いますが、安いのか高いのか。ガイドさんは安いというので10匹100元で買いました。
後で知ったのですが、ラサ空港の売店ではほぼ同量が800元。日本だと数万円するとのこと。私の買値の10倍、100倍の値打ちがあったようです。
もっと買っておけばよかった。上海で焼酎につけて薬膳酒にするつもりです。また報告します。
あと売人から「これはどう?」と“「生」冬虫夏草”を見せられました。“冬虫夏草”はふつう乾燥済みですが、“生冬虫夏草”は取れたてのふにゃふにゃフレッシュ状態。こっちは一匹15元とのことでしたが、興味無かったので買いませんでした。

あとはラサへの一本道を引き返すだけです。
帰り道の景色1.JPG

来た時と同じドライブインで昼食を食べました。
同じドライブイン.JPG

疲労が溜まっていたので、帰りは車の中でじっとしていました。結構揺れるので眠れません。
というか低酸素なので深呼吸を続けなければならないのですが、ウトウトすると深呼吸を忘れて、水に溺れたような状態になります。だから眠れません。

ラサへは4時頃に到着しました。相当疲れていたので、ガイドさんにマッサージ屋を教えてもらいました。大昭寺近くの繁華街にありました。
マッサージ屋.jpg

チベット式マッサージというのを選んだのですが、ごく少量のオイルを使うオイルマッサージでした。ガイドさんも足マッサージをして、1時間で二人分で100元でした。

その後、ガイドさんの紹介でネパール料理屋に行きました。大昭寺の広場の近くでした。
ネパール料理看板.jpg

ネパール料理名刺.jpg

セットメニューの
メニュー.jpg

毛牛のカレーを食べました。
毛牛のカレー.jpg

少し吐き気がするような体調だったのに、完食したのでかなり美味しかったです。

この後はバルコル(八角街)で、配布用のお土産を買ってからホテルに戻りました。


チベット旅行・7日目(ナムツォ、夜のポタラ宮)  に続く




↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 16:37| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。