このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2011年01月17日

葫蘆島海上海蓮花商務酒店二部

仕事で北京から北西へ400Km離れた葫蘆島市という街に仕事で行きました。
葫蘆島市には空港が無く、また日本からのスタッフと一緒に移動する必要があったので、北京空港で合流し、そこから車で4時間かけて移動しました。
場所は下の地図のAのところです。大連よりかなり北側にあります。
HULUDAO.JPG

葫蘆島市の海には、葫蘆島という島があるのですが、第二次世界大戦敗戦後に中国東北部にいた200万人の日本人は、一旦この葫蘆島に集められてから帰国したそうです。(しかし中国国民党と共産党の内戦が激しくなり、帰国作業がごちゃごちゃになった為に残留孤児という問題が発生したそうです)

多分、二度と行くことがないであろう葫蘆島市で宿泊致しました。
ホテル名は“葫蘆島海上海蓮花商務酒店二部”、住所は遼寧省葫蘆島市龍港區龍灣大街55號。
事前の予約で、一泊450元でした。
ホテル正面.JPG

葫蘆島市ではもっともグレードが高いホテルとのことでした。宿泊したのは二号店(二部)で、開業から半年程度の新しいホテルでした。
ホテルのフロントです。
フロント.JPG

部屋の中はこんな感じです。
ベッド.JPG

HULUDAO.JPG

トイレ.JPG

洗面台.JPG

ホテルにはレストランが併設されていて、深夜1時まで空いているとのこと。葫蘆島市でナンバーワンのプライドがあるレストランですが、なんちゃって西洋料理が多く創作料理レストランみたいでした。一品50元前後ですので、そこそこ高いです。
レストラン.JPG

開発区らしく、ホテルの周囲はまだまだ殺風景でした。
ホテル周辺1.JPG

ホテル周辺2.JPG

【長所】
設備が新しく、綺麗。
深夜まで空いているレストランが併設されている。

【短所】
周辺には何も無さそう。
※というか葫蘆島市に行くこと自体が最大の短所。


【追記】
帰りは葫蘆島市から天津に海岸沿いを走りましたが、なんと海が凍ってました。
海が凍る.JPG

あと万里の長城の東の端(山海関)の近くも通りました。高速道路を通す為に万里の長城に穴が開けられていました。(運転手が教えてくれるのが遅くて、トンネルを通過してから写真を撮りました)
万里の長城.JPG



↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 17:42| Comment(3) | ホテル見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
情報提供ありがとうございます!
宿泊には一人一万円かからないのですね。
設備が新しいことには(祖母が高齢ですので)安心いたしました。
もうひとつ気になるのですが、治安はよかったですか?
Posted by 井蛙 at 2011年06月01日 20:51
こんにちは。
治安はそんなに悪くないと感じましたが、中国なので夜中の出歩きは避けた方がいいです。
寒い時期は石炭で暖を取っているのが、空気がとても悪いです。
Posted by 井蛙様へ(byムーゾン) at 2011年06月03日 10:45
お返事ありがとうございます。

当ブログに、葫蘆島海上海蓮花商務酒店二部の件を書きました。

向こうに行くのは夏休み中になると思いますので、石炭は大丈夫です(`・ω・)b
Posted by 井蛙 at 2011年06月04日 16:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。