このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2010年10月18日

石垣島、竹富島、波照間島

沖縄の離島を二日間で6つ回りました。09年2月7日と8日の日付となっております。
前乗りで夜に石垣島に入りました。
石垣空港.jpg
(写真は本土へ帰る際に撮影)


一人旅なのでスーパーホテルに宿泊。朝起きて石垣島のフェリーターミナルへ。ここから各離島への船が出ています。

まずは近場の竹富島に向かいました。
竹富島に着いたらすぐに水牛車のツアーに乗ります。コースは2コースあるようですが、私は新田観光の水牛車に乗りました。オジイとハナちゃん(水牛)とのコンビです。オジイが竹富島の古い町並みや伝説を話しながら、ゆっくりゆっくり進みます。途中でオジイが三線と歌(アサドヤユンタ?)を披露します。
竹富島 水牛車.jpg
竹富島の写真は、この携帯写メのみ。この頃はビデオカメラでの撮影が多かった。


水牛車ツアーが終われば、駆け足で船着場に戻ります。時間がありません。
竹富島から一旦、石垣島に戻りすぐに波照間島行きの船に乗ります。
波照間島は有人島では、日本最南端の島です。
波照間港.JPG

ここでも時間がありませんので、島に到着後すぐにミニバイクを借りて最南端の地を目指しました。この島は小さいのでレンタカーがありません。代わりのミニバイクですが、20年以上乗った記憶がありません。でも時間が無いので時速40km以上でぶっ飛ばします。
そしてこれが最南端の石碑です。
日本最南端の碑.JPG

さらにそこから南を写した景色です。
更に南.JPG


でも感傷に浸っている時間はありません。すぐに元来た港に引き返します。レンタルバイク屋のオヤジがびっくりしていましたが「急用で」と嘘つきました。
すぐに石垣島に戻ります。なぜこんなに急いでいるか、、、、15時に三線教室を予約していたからです。
三線教室 看板.JPG

先生はやさしいオバさんで(オバアではない)丁寧に教えてくれます。1時間の受講で、終わりにはゆっくりだけど「涙そうそう」が弾けるようになりました。先生に褒められました。

その後で石垣島廻り開始です。
まずは有名な川平湾に。写真の通りきれいですね。しばし景色に見とれてボンヤリ。
川平湾1.JPG

川平湾2.JPG

その後にサンセットビーチに行きました。まさにサンセットを見るために。
サンセットビーチ.JPG

その後でホテルに戻って近くの寿司屋に。石垣島ってマグロが採れるようで、冷凍無しの天然マグロがリーズナブルに食べられました。これはまた沖縄の魅力がひとつ増えました。

その後に石垣島の繁華街をブラブラ。何軒か「民謡ショー」の飲み屋があるなかの一軒に飛び込みで入りました。
歌謡ショー.jpg

入店時は団体客で超満員。やっとカウンターの隅に座れました。オジイが「ウチは飲み放題3,000円ポッキリだから」と説明。確かにお勘定しているお客を見ると3,000円だけ払っています。ステージが終わると団体客が帰って、さっきまでの超満員が4〜5人程度に。カウンターは私一人なのでお店のオバア達が私の回りに集まって意気投合。次のステージでは私も参加して歌ったり、踊ったり。オバア達も「コレ食べな」「おビール貰っていい?」と和気あいあいでいい気分。非常に楽しんでオジイに「お勘定!」と言うと「9,000円」。まあ、それ以上に楽しめたのでいいか。
posted by ムーゾン at 12:03| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: