このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2010年07月05日

烏鎮

中国に住み始めて初めての3連休だった清明節に「水郷 烏鎮」と「海寧 皮革城」に行って来ました。
どちらも出発は上海体育館にあるバスターミナルから。

烏鎮 上海体育館 バスターミナル.JPG

ここから上海発の近郊観光地へのバスが数多く出ており、ローカル向けなのでとてもリーズナブルです。烏鎮行きの日帰りツアーも200元/人程度でした(たしか)。
バスも値段のわりに非常に綺麗。

烏鎮 バス.JPG

烏鎮 バス内部.JPG

2時間程度で烏鎮に着きました。上海周辺にはいくつもの水郷がありますが、烏鎮は有名で規模も大きい方です。水郷とは運河に囲まれた古い町並みを指すようです。

烏鎮 入口付近.JPG

烏鎮 水上生活.JPG

烏鎮 船、橋、柳.JPG

清明節のお休みで、観光客でごったがえしていました。オフのサンタも観光していました。

烏鎮 人ごみとサンタ.JPG

案内コースの途中に染物工場がありました。烏鎮の特産のようです。

烏鎮 染物工場.JPG

細い路地を歩きます。一方通行で無いのでなかなか前に進めません。

烏鎮 細い路地.JPG

途中で、“茅盾”という中国では有名な文学者の邸宅跡も見ました。立派な邸宅で中国人は一生懸命見学していましたが、小生は誰か知らないのでピンときませんでした。

烏鎮 矛盾邸宅.JPG

昼食はガイドの指示で中華レストランに入りました。価格は上海相場程度でした(一品20〜40元)。スープを頼んだら鶏一匹入っていました。半分以上残しました。

烏鎮 昼食.JPG

昼食後は自由時間です。ブラブラしながら写真撮影を続けました。

烏鎮 橋からの風景.JPG

通りにお土産物屋が並んでいました。道幅が狭いので、やっぱりごったがえしです。

烏鎮 お土産物屋.JPG

お土産物屋の中に散髪屋がありました。観光地のど真ん中で珍しいので写真に取ったら、店主が怒鳴っていました。ここは観光用では無いようです。

烏鎮 散髪屋.JPG

せっかく烏鎮に来たので舟に乗りたいと思い、切符売り場に行くと80元でした。

烏鎮 船のチケット.JPG

「高いなぁ」と思っていると、1隻80元であり、普通はグループ、寄り合いで乗るようです(最大8名)。失敗したと思って、列に並んでいると、とある夫婦が40元を見せて「一緒に乗ろう。」と言っているような。40元を受取って一緒に乗りました。

烏鎮 船着場.JPG

烏鎮 船上より@.JPG

烏鎮 船上よりA.JPG

烏鎮 船上よりB.JPG

船を降りると演武をやっていました。

烏鎮 演武.JPG
posted by ムーゾン at 19:09| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: