このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2014年05月26日

【御伽噺】 “バブル崩壊しない”ことが中国の問題なのだけれど、、、、

従来より、このブログで「中国のバブルは崩壊しない」と書いてきましたが
http://muzon.seesaa.net/article/374419901.html
http://muzon.seesaa.net/article/383631272.html

“バブル崩壊しない”ことこそが中国の問題です。
下記の産経ニュースにも書いてあります。
『中国「バブル崩壊」先送り 世界に不安まき散らす』
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140430/fnc14043013450013-n1.htm

ここに書かれていることで、
『仮に大手国有商業銀行のバランスシートが大きく毀損(きそん)しても、中国は380兆円以上の外貨準備を保有している。この外準を金融機関向け資本注入用に使える。』
とありますが、これはちょっと違うんじゃないかと思います。
別にそんなことしなくても、共産党が支配している中央銀行(中国人民銀行)に命じて
人民元紙幣をバンバン印刷して、大手国有商業銀行に供給すればいいだけだから。
一時、盛り上がった金融商品のデフォルト問題も、その後、音沙汰が無い。
http://muzon.seesaa.net/article/386221057.html
全ての金融商品が運用利回りを出して償還されているのか?
そんなわけが無い。何らかの政府機関が投資家の損失補填をしているのでしょう。
投資家への損失補填で思い出すのが、山一證券の倒産。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%80%E8%AD%89%E5%88%B8
そんなこと続けたら私企業だと倒産だけど、政府一体でやってるのだから。

「バブル崩壊」先送りの為に、“通貨(人民元)をドンドン印刷”すれば、、、、、
基本的には“インフレ”が起こるのだが、、、中国では単純にそうならないような。
その理由は、、、「戸籍制度に裏打ちされた“農奴”制度」
戸籍制度によって事実上移動が制限された農民(農奴)が中国には約7億人います。
現金収入での貧乏話は中国でよく聞きますが、餓死者というのは聞いたことが無い。
日本の方が、生活保護を打ち切られた人が、餓死したりしている。
それだけ農作物の供給力はあります。食料自給率も非常に高いです。
よって市中への通貨の供給が増えても、需要/供給の関係から食料の価格はなかなか上がらない。
食料の値段が上がらないから、低レベル労働者の給与も上げる必要が無い。(生きていける)
低レベル労働者の労働によって製造される商品の値段も上がらない。

また大量に供給されている人民元は“不動産関連業界”というカジノ(賭場)
の中で回っている状態で、それ以外への流出は少ないのでは?

大量の農奴に裏打ちされた安い農作物。
安い農作物に裏打ちされた安い労働力(単純労働)。
大量に供給される人民元はカジノ(不動産業)の中に留まる。
のであれば、、、インフレは発生しない!?!?!?

でも、、、いつかは、新たに建設する建物は無くなる(減少する)、、、、
その時、巨大に膨れ上がったカジノ(不動産業)から、資金が流出する、、、、
“食料の買占め”等が、起こらなければいいのだが、、、

カジノから資金が流出した時に、、、、人民元が紙屑に?????


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(129) | 御伽噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。