このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2014年01月31日

【御伽噺】中国 根源的な欠・(2/3) 戸籍

戸籍問題(労働力不足の矛盾)

農民戸籍の人は、簡単には都市戸籍を取得出来ない。
都市に出稼ぎに行くには「農民工」の身分で行くしかないが、都市生活の物価の高さにより手元に残る金額が少なく、疲弊して帰郷することになるだけ。
(そもそも都市の不動産は高額で買えるはずも無く、いつかは帰郷する前提となる)
農村であれば、現金収入は少ないが(平均10万円/年)、食べるのには困らない。
この様な悪条件の為に「農民工」の成り手が減ってきているので、
13億人もいるのに労働力不足が発生している。
広州市ではベトナム人の不法労働者が常態化している。
http://textream.yahoo.co.jp/message/1061689/bbda4h7pbaq?comment=5303
戸籍移管を簡単にすれば良いということになるが、都市戸籍の人間は公的福祉が厚く公的コストが高いので、都市側行政は受け入れを拒んでいる。(上海人であるだけで、既に特権階級)
上海市の隣の浙江省の人の話では、上海の戸籍を持っているだけで生活保護を受ける権利があり700元/月貰えるが、浙江省の人には生活保護は無いとのこと。誰だって上海の戸籍が欲しくなる。上海隣の浙江省の人口5,000万人がみんな上海戸籍になったら上海市の負担は大変なことに。
北京市も“主要任務は人口急増の抑制”としている。(戸籍以前に流入阻止)
http://japanese.cri.cn/881/2013/12/23/142s215975.htm
戸籍を移動させることが出来ない(引越し出来ない)ということは、
教育を受ける権利にも影響する。
「農民の子は農民」という負のスパイラルに陥る。
(特権階級はそれでヨシなのか。家畜ならぬ国畜?)

中国を『13億人のマーケット』と見るべきではない。
都市戸籍を持つ『3億人のマーケット』規模と見た方が順当だろう。
http://www.newsclip.be/article/2013/10/30/19555.html

戸籍に関する下記記事もご参照
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140116-00000032-rcdc-cn

10億人規模の“農作物低コスト生産マシーン”を持つことが、
この国の強みかもしれないが。
最後は、食さえあれば何とかなる。


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(0) | 御伽噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。