このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2014年01月06日

【御伽噺】 中国  最後の切り札は「財政余力」?

最後の切り札は「財政余力」という記事を、よく見かける。
中央政府は「財政余力」があるので「影の銀行」であろうと「地方政府債務」であろうと
その気になれば「財政余力」で、一気に解決が出来るとのこと。

でも、その根拠を読んでみると、、、、、
中国の国債発行残高は2012年末で約7兆7千億元(約120兆円)。
国債残高のGDP比が20%。地方債を含めても70%。
日本は250%。米国は100%。英仏独80%。よってまだまだ国債発行の余地がある。
「財政余力」とは“金を持っている”ということでは無くて“借金できる力がある”ということです。
日本の異常値は、邦銀が日本国債を買うから。ほぼゼロ金利状態では低金利とは言え
日本国債を買えばノーリスクで儲かるから(今後は日銀が買い占めることになるが)。
邦銀にとっては、美味しい打ち出の小槌。銀行員の給料の為の国債。

では、中国政府(共産党)が諸問題解決の為に国債を発行するとして、
誰が買うの?
結論的には中国五大銀行(国営銀行)に無理やりにでも買わせることになるでしょう。
その時のお金(人民元)の流れは?
(中国人民銀行→)国営銀行→中央政府→地方政府・国営企業→闇の銀行等の債権者
となります。
結局は、市中に大量に人民元がばら撒かれる様になります。
そもそも「バブル崩壊回避」→「通貨大量供給」→「インフレ」という単純な構造です。

最後の切り札「国債大量発行」で「バブル崩壊回避」は可能です。
でも、ますますインフレです。「財政余力(借金能力?)」は根本解決になりません。


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(158) | 御伽噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。