このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年12月19日

なぜ、中国人はメンツを重んじるのか (私見です)

面子。
日本人が中国人と接する時に、やっかいとなる物事の筆頭。
仕事でも私生活でも「お前は俺のメンツを潰した!」ってことになったこと
ありませんか?
それまでの経緯やロジックを無視して「メンツ!」ってことになるので、
日本人には理解しがたい。
でもこれには悲しい現実があると、私は思うのです。

中国は完全に“弱肉強食”の世界。(共産主義なにねぇ、、、)
その上に、人権が守られていない。
弱いものは、どんどん辛い人生を送らなければならなくなる社会。
「メンツ」って私は「個人の尊厳」だと思うのです。
“メンツルール”によって、初めて“弱者が強者に対抗出来る”と思うのです。

“弱肉強食ルール”によって、経済的・社会的な部分で虐げられるのは仕方が無い。でも
「身分を越えて、最低限の個人の尊厳については守れ!」
とうのが“メンツルール”だと。

もちろん“メンツルール”は全中国人のルールなので、社会的に強い人にも適用されます。
社会的立場のある人でも理論的思考を越えて「メンツ!」って言いだすので、びっくりすることもあります。

日本人からすると「メンツ」は理屈抜きなので、違和感がありますが、
中国人相手には「仕方ない」と思って“メンツルール”に付き合いましょう。

“メンツルール”が無くても、人権が保護されている国に生まれた幸せを噛みしめて。


           ※※※※ 人気投票に参加中 ※※※※
↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

posted by ムーゾン at 16:15| 上海 | Comment(0) | 中国考虑考虑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。