このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年11月14日

雲南省北部旅行 総まとめ(次回の旅行に向けて)

【香格里拉(中甸)】
やっぱり名前負けしているような。「中甸」と考えて行った方がいいかも。
松賛林寺は、チベット以外では最もチベット仏教を感じられる場所ですね。ここはいい。
階段1.JPG

ナパ海(纳帕海)。まあ湿地帯、、、かな。
大亀山公園(独克宗古城)は、漢民族趣味(派手好み)が進行しており風情が無い。
普達措公園は行かなかったので、よくわかりません。

香格里拉、もう行かないかな。もっと時間に余裕があれば、楽しいところなのかなぁ。
出来れば香格里拉の納西族とは接しないように観光したいなぁ。
麗江から足を伸ばすのであれば、次は「濾沽湖」に行きたいな。女系村って面白そう。
http://www.g-tabi.com/guide/sichuan/lugu.php


【麗江】
いやぁ、とにかく巨大な観光地ですね。
上海・豫園のお土産物屋と、北京・后海のBAR街と、北京・王府井の小吃屋台街とを、全部足して2〜3倍したような規模です。
「古城」と聞くと響きはいいのですが、私には「古い家屋を使った巨大なお土産物屋さんの集合体」という印象。
これは今回行った「束河古城」「大理古城」にも共通するところ。
“観光地”という意味では、これだけ規模が大きいお土産屋街を見たことが無い。
「玉龍雪山」の景色は、最高に良かった。私の中国旅行の中で一番迫力ある景色だった。
頂上.JPG

“観光”という意味では、ストレートに楽しめます。(TDL的に)
但し、人工物も多いのでご注意を。漢民族趣味(派手好み)ですね。


【大理】
今回は短時間の滞在だったのですが、次回は一泊してみたい。
麗江に比べると規模が小さいので、少しのんびり出来そう。
大理古城だけでなく、他の村(喜州村、周城)にも行ってみたい。映画村にも行ってみたい。
洋人街.JPG

【昆明】
基本的には雲南各地への旅行の中継地点ですね。
大都会なので、雲南各地の名物料理を食べることが出来きます。
食だけであれば全てをここで賄うのもありかと(わざわざ他所には行かない)。
昆明の観光地といえば「石林」なのですが、前泊して丸一日の時間が必要。
駐車場4.JPG

昆明に一泊するのであれば「雲南映像」は必見。おススメ度:1,000%
http://muzon.seesaa.net/article/269191467.html
映像3.JPG

そこそこ高度(2,000m)で少し空気が薄いので、ゴルフの飛距離が伸びるとか。
常春の気候なので、ゴルフもいいかも。


【次回の雲南省北部旅行計画(いつになることやら)】
昆明→大理に移動(寝台車orバス)。大理の客桟に一泊。
大理で古城、映画村、周辺の村に行く。
大理→麗江に移動(バス)。麗江で「濾沽湖」行きの一泊二日ツアーを申し込む。麗江の客桟に一泊。
朝から「濾沽湖」一泊二日ツアーに参加。濾沽湖に一泊。
濾沽湖→麗江に戻って客桟に二泊。今回行けなかった長江第一湾・石鼓鎮や拉市海、白沙村に行く。
麗江→昆明に移動(寝台車)。昆明→上海に移動(飛行機)。少なくとも五泊六日。


次回、雲南省に行くなら、もう一度南部(西双版納)に行くだろうな。
http://muzon.seesaa.net/article/262445384.html
水掛開始.JPG


↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(143) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。