このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年10月28日

香格里拉 ナパ海(纳帕海) シャングリラなんて二度と行くか!ボケ!!

シャングリラでの自然探索は、「普達措公園」を予定していましたが、
現地で知り合った4人組の一人が地元の人で
「普達措公園は入場料高いし(250元)、遠いし(車で1時間)お勧めしない。
ナパ海(纳帕海)は無料で近いので普達措公園よりナパ海(纳帕海)を薦める。」
とのこと。

前日のBARで夜更かししてしまったので目覚めも遅く、ナパ海(纳帕海)に行くことに。
ナパ海はシャングリラ市街地から、そんなに遠く無い(8km程度)。
ナパ海地図.JPG

ホテル前からタクシーを拾うと「50元」との回答。高すぎ!
シャングリラのタクシーはメーターを倒さないので、行き先を告げてから必ず価格交渉
する必要がありますが、目的地が観光地だと高額を要求される。
何台かのタクシーと交渉して40元で行くことに(それでもまだ高い)。

10分程度で到着したのはここ。
入り口.JPG

確かに「ナパ海(纳帕海)」って書いています。
ナパ海.JPG

で湿地帯を見ようとすると係員がやってきて「観光コースを選べ。一番安いのが180元、高いのは380元」とのこと。
価格表.JPG

前日会った地元の人に電話で聞いてみると
「ナパ海は広いので、どこからでもタダで入って見ることが出来る。払う必要無し。」
とのこと。

金払わずに景色の写真を撮っていたら、
湿地帯.JPG

湿地帯2.JPG

係員が「金払わないのなら、ここから出て行け」と。
シャングリラ、がっかりです。
市街地への帰り道、タクシー呼んだらぼったくられるので、ヒッチハイクで帰りました。

【シャングリラなんて二度と行くか!ボケ!!】
・シャングリラ(香格里拉)はもともと(今も公式には)、“中甸”という地名。
「シャングリラって名乗ったら観光客、来るんじゃね?」って感じで急に名乗り出しただけ。
名乗ったなら理想郷を目指せ。観光客に親切になれ。銭の亡者達、詐欺まがい。
・「シャングリラ=理想郷」というイメージで行くのでギャップが激しい。観光地、タクシーのぼったくり感が酷いので、逆に幻滅する。納西族は金に汚い。その上に暴力的。
麗江で会った漢人も「シャングリラのタクシーに1,000元以上ぼったくられた。」と言っていた。
・シャングリラに行くなら麗江からのツアーに参加する方が無難か?(不明であるが)


↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(157) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。