このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年10月18日

麗江→虎跳渓  シャングリラなんて二度と行くか!ボケ!!(次回はツアー参加にて)

麗江駅に朝の7時に到着。
麗江駅.JPG

今日の計画は、
麗江駅でタクシーのチャーターを交渉(500元?)
麗江→長江第一湾・石鼓鎮→虎跳渓→白水台→香格里拉
白水台→虎跳渓→玉龍雪山.JPG

ということで、まずは麗江駅で一日タクシーチャーター交渉をする必要がある。
過去の旅の経験で、中国でタクシーを一日チャーターすると500元前後という感覚。
http://muzon.seesaa.net/article/154955192.html
(今回は移動距離が長いので500元は少し無理があったかも)

麗江駅のタクシー乗り場で交渉するも、運転手全員が集まってきて700元から下がらない。
交渉決裂より、タクシーの多い麗江古城近くまでバス移動。
麗江古城近くに到着すると、少しお腹が空いた。食堂を探すと、米線屋しかない。
米線屋.JPG

昨晩に続いて連続の米線。
米線.JPG

米線食べた後に、タクシーとの交渉再開。
「1000元」「900元」と、駅前より高くなっている(本当にこの辺の金額が相場だったのかも)
その内「600元OK」のタクシーが見つかったので、乗り込む。
運転手は納西(ナシ)族。麗江も香格里拉もタクシー運転手は納西(ナシ)族だけだった。

最初に「長江第一湾」に連れて行ってくれと頼んだが、
http://www.chinatrip.jp/lijiang/attraction/attraction-177.htm
こんなところに連れて来られて「あの先が長江第一湾だ」とのこと。
ニセ長江第一湾.JPG

絶対にウソ。何か怪しげな雰囲気になりながら、次の「虎跳渓」に向かうことに。

「虎跳渓」に着くと運転手が「俺はココまでだ。400元払え。そしてココからはこの運転手に450元払って、残りの場所に行け」と言い出した。
「話が違う」と言い争いになったが、納西(ナシ)族は漢族と違って暴力的。
こちらも腹をくくった。応戦やむなしと。
その雰囲気が伝わったのか、一人目:300元、二人目:400元 にて決着。
(後から考えれば、こちらの要求金額も少し厳し過ぎたかも)

やっと観光が出来る。入場料65元を払って「虎跳渓」に。
虎.JPG

なかなか迫力のある濁流でした。下の写真の矢印の先の米粒みたいのが人間。
跳虎1.JPG

跳虎2.JPG

跳虎3.JPG

写真では迫力が伝わらないので、動画も。


この後、二台目のタクシーに乗り込み「白水台に行ってくれ」というと
「そこは遠いから、追加で400元」
と言い出す。
「白水台」は“ミニ九賽溝(黄龍)”の様な場所ですが、
http://www.km871.net/jnd/shangri-la_5.html

九賽溝(黄龍)には行ったことがあるので、
http://muzon.seesaa.net/article/226617483.html

「白水台」には行かずに直接、香格里拉に向かうように指示。
もうケンカに疲れた。

【今日の反省】
・この後も、雲南北部地区では“納西(ナシ)族”の“ぼったくり攻撃”が連発する。
 漢族の人も「1,000元以上、ぼったくられた」と言っていたので、日本人だからという訳では無さそう。
 納西(ナシ)族は漢族と違って、暴力的なので要注意。
・長江第一湾・石鼓鎮、虎跳渓、白水台に行くには、麗江でツアー旅行に参加した方が無難。


↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 09:00| 上海 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。