このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年10月31日

麗江 夕飯 「松茸汽鍋鶏」と「納西粑粑」

麗江到着が遅れて、現地ツアー契約で揉めて。
夕飯を食べたのは夜の12時前。
せっかくだから雲南らしい料理が食べたいと思って、麗江水車近くのこの店に。
店前.JPG

「松茸汽鍋鶏」と
鍋気1.JPG

汽鍋鶏2.JPG

「納西粑粑」塩味
麗江バーバ1.JPG

麗江バーバ2.JPG

を食べました。

「松茸汽鍋鶏」はそのまんま。松茸と鶏のスープ。
別に雲南省って感じでも無いが。松茸はまあまあ香りがしていた。
でも高山病にはスープ料理が効くので、玉龍雪山への登山前にいいかも。

「納西粑粑」塩味は、チヂミですね。甘味の粑粑もあるとのこと。


↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

posted by ムーゾン at 19:00| 上海 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麗江  現地ツアーの申込

香格里拉→麗江のバスが遅延したので、ホテルにチェックイン出来たのは夜の10時頃。
しかし翌日の麗江観光のツアー申込を必ずしなければならない。
休む間もなく古城に出る。
古城にはいたる所に旅行会社があります。下は私が契約した「麗江古城国際旅行社」
麗江古城国際旅行.JPG

但し! どこの旅行会社も“全く同じ”ツアーを販売しています。
全く同じ内容の値段表を出しています。
ツアーカンバン1.JPG

ツアーカンバン2.JPG

ツアーカンバン3.JPG

実際にツアーを組んでいる元請会社の数は少なく、数多くある古城の旅行会社は下請販売だけです。
よって値段も基本的には一緒ですが、古城中心地より遠い旅行会社は数十元程度安いです。
私が「麗江古城国際旅行社」を選んだのは銀レンカードが使えたから。

蜜さんと同じような玉龍雪山をメインにしたコースにしたかったので
http://shanghai32.seesaa.net/article/319084649.html
下の写真の“380元”のコースを選びました。
380元.JPG

行き先は
「玉龍雪山」「甘海子」「藍月谷」「白水台」「白水河」「束河古鎮」「黒龍潭」
となっています。

そこで申し込もうとすると
「お前は外国人だから、こっちの“580元”のコースしか選べない」
と言われた。
580元.JPG

380元と580元の違いは 
@麗江古城維持費込み:80元
麗江古城維持費.JPG

A防寒着のレンタル
防寒具1.JPG

防寒具2.JPG

B圧縮空気のボンベ1本(20元相当)
とのこと。
なぜ外国人は“380元”を選択出来ないのか? 選択出来ない合理的な理由が無い。
香格里拉に続いて、ここでもぼったくり攻撃を受ける。
念のために、他の旅行会社に聞いても同じ答え。町中ぼったくり。
仕方が無いので、550元にまけてもらって、契約。
結果的には @麗江古城維持費込み:80元 は必ず必要だし、
A防寒着のレンタル 玉龍雪山は曇ると急に寒くなるし 
B圧縮空気のボンベ1本 も玉龍雪山では必需品だし
ムダにはならなかった。

【追記】
シャングリラに行くなら、麗江で一泊二日のツアーに参加した方が無難かも。
香格里拉ツアー1.JPG

香格里拉ツアー2.JPG

但し、途中でいろいろと追加料金を請求される可能性はあるが。
実際に国慶節には麗江現地ツアーでトラブルあったというニュースを見ました。


↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

ホテル見聞録 麗江  博客客桟

麗江での2泊は「博客客桟」。
ここは蜜さんが泊まったときのブログがよさげだったので。
http://shanghai32.seesaa.net/article/319848339.html

一泊580元。設備的にはベッド、シャワー、トイレ等 4星クラスの下 というところか。
ベッド.JPG

シャワー.JPG

トイレ.JPG

まあ、客桟の良さはインフラよりも風情ですね。
到着した夜に部屋の前から撮影した満月が綺麗。
満月.JPG

次の朝、同じ場所から撮影。
朝.JPG

フロントや中庭はこんな感じ。
フロント.JPG

内部1.JPG

中庭1.JPG

中庭2.JPG

朝は無料で、ワンタンと米線が食べられます。
ワンタン.JPG

米線.JPG

麗江はそんなに標高が高くない(2400m)のでsoyjoyもあまり膨れない。高山病の心配無し。
soyjoy.JPG

【博客客桟への行き方】
だいたい下の地図の場所にあります。
麗江ホテル.JPG

麗江古城の「四方街」という広場まで行く。
四方街カンバン.JPG

四方街にある橋の向こうにある入り口(黄色矢印)の路地に入る。
四方街全景.JPG

橋と入り口.JPG

下の写真の場所で右折する。「博客客桟」のカンバンが出ていないところが難点。
右折.JPG

突き当たりの右側が「博客客桟」。
到着.JPG


↓↓次の冒険(ブログ更新)のモチベーションになります。クリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

posted by ムーゾン at 08:00| 上海 | Comment(0) | ホテル見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする