このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年08月07日

ゴルフ私的迷走  第ニ軸のエネルギーは、、、、A右の腕力

右手問題。こいつが初心者ゴルフの最もやっかいな問題だと思います。(以下、右利きの人対象の内容です)
初心者は「手打ちだ!右手使いすぎ!」と怒られがちです。
私の3軸理論でも右手・右腕は出てきません。
3軸.JPG

私も本気で「ゴルフに右手はいらないんじゃないか?」と考えることがありました。
「ゴルフ道具のショップ店員は“右利きの人に右打ちのクラブ”を買わせるなよ。ゴルフを難しくする為の、業界あげての罠なのか?」と思いました。
でもゴルフに人生を賭けているプロも基本的には“右利きの人は右打ち”。
なぜだ?

一番大きな理由は、“アプローチ”だと思います。
クラブヘッドが遠心力で自然に回転する、戻ってくるフルスイングと違って、アプローチは腕力のある右手でヘッドをコントロールしてやる必要があるからです。小さい振り幅のスイングほど。
それでは“ドライバーからショートアイアンまでは「左打ちのクラブ」、ウエッジは「右打ちのクラブ」では?”
一考かもしれませんが(笑)、面倒臭いし、ミドルアイアンでのランニングアプローチもあるし。バンカーショットはウエッジでも、ほとんどフルスイングだし。
やっぱり、右か左か、どっちかの道具に統一せざるを得ない。

二番目の理由は、“右手の押し込み”によるヘッドスピードアップ(飛距離アップ)だと思います。
これが今回のタイトルの「第ニ軸のエネルギーは、、、、A右の腕力」です。
野球でも日本は左打者の方が得(1塁ベースに近い)といった理由で右利きの左打者が多いですが、利き手の押し込みができないので、他国に比べるとホームランがでない(これはWBCでも言われたこと)です。
ちなみに、元広島のホームランバッター小早川氏(右利きの左打者)が、「もう一度野球をやり直せるなら右打者にする」と言ってました。
でも初心者には右手腕力のコントロールが難しい。器用な右手はすぐに出しゃばって、自然な遠心力スイング軌道を邪魔してくる。

[ご参考までに] 私の練習方法
私は練習場でかならず“右手一本スイング”を10〜20球ほど打ちます。
(右手一本スイングは、下のWEB等をご参照下さい)
http://www.hm-golf.com/lesson/draw/right-hand-drill.htm

けっこう難しいですよ。コツとしては、
@両手で普通にセットアップしてから左手を外して、左手で右肘に近い二の腕をつかみ、右脇を締める。
A上半身、腕の力を極力抜いて胸の回転の感覚でクラブをトップまで上げる。
Bダウンスイングも出来るだけヘッドの遠心力に逆らわないようにクラブをおろす。
Cインパクトで(インパクト直前で)軽く?ヘッドを飛球線方向に押し出す。

但し! 両手でのスイングの際には全く右手は使いません(感覚的に使いません)。
感覚的には、左に踏み込んで、グリップを少し下に落とすだけ。
スイングは、ほんの一瞬。
上記の練習は、「右の腕力」(and当て感)を“潜在意識の中で”使う為の練習です。


↓↓なにとぞクリックお願いします。ランクアップすると嬉しいです。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 09:00| 上海 ☀| Comment(149) | ゴルフ私的迷走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。