このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年07月22日

ゴルフ考察【番外編】  擬似シミュレーションゴルフ???

シミュレーションゴルフ自体が“疑似体験(模擬体験)”なのに、更に“擬似の疑似体験”とは???

最近、上海でもシミュレーションゴルフ場が増えてきました。
http://muzon.seesaa.net/article/311930770.html

遊び、ストレス発散という目的なら、とっても楽しいのですが“ボールの回転が反映されない”のはどうしてもしっくりこない。シミュレーターとして。
初心者ゴルフは“ボールの回転との戦い”って感じなので(右や左や、どこへ行く?)。

そこで、シミュレーションゴルフを更に疑似体験(Don’t think, feeeeel!)する方法が無いかと。

【用意するもの】
@ヘッドスピード計測器(ユピテル GST-3)
GST-3.JPG

A好きなゴルフ場のコースレイアウト図(下はシルポート北コース/1番)
North1.jpg

B(出来れば)Aのゴルフ場のスコアカード


【上記のシルポート北コース/1番を例として】
1:練習場(打ちっ放し)で、ドライバー用にボールをティーアップする。
2:ヘッドスピード計測器を所定の方法でセットする。
3:Aのレイアウト図でボールの飛球方向を決める。
飛球方向1.jpg

4:実際にボールを打つ飛球方向と、3:を合わせてレイアウト図から風景をイメージする(Don’t think, feeeeel!)。
そして打つ!
飛球方向2.JPG

5:測定器の計測結果と、曲がりの状況から、レイアウト図に落下地点を記入する。
計測結果.JPG
※練習場ボールの場合、計測飛距離は1割アップしてもいいかも。

6:レイアウト図からグリーンまでの残り距離を算出し、番手を決める。
7:ヘッドスピード計測器を決めた番手にリセットする。上記同様に風景をイメージする(Don’t think, feeeeel!)。
そして打つ!そしてレイアウト図に落下地点を記入する。
8:(グリーン外した場合)落下地点からピンまでの距離、カラーまでの距離を考える。そして実際の練習場で、落としどころ、寄せどころの目標地を決める。目標地に向けてアプローチする。
9:目標地に対して1m以内に寄ったら1パット、5m以内は2パット、それ以上遠い場合は3パットとする。
10:スコアカードにスコアを記入して、次のホールへ。

【上記方法のいいところ】
・ 安い。打ちっ放しのボール代だけ。(測定器も最近はだいぶ安くなりました)
・ ボールの曲がりが反映される。
・ 想像力が養われる。
・ 数ホール、指定ホールだけでも可能。

【シミュレーションゴルフのいいところ】
・ 空調が効いている。
・ ボール落下地点が明確(上記方法だと自分に甘くなる危険性が)。
・ 「ナイスショット」とか、歓声とかが上がって、テンションが上がる。

【どちらにも出来ないところ】
・ パターは練習出来ない。(シミュレーションゴルフで変なクセ付けない方が、、、)
・ バンカー、ラフは事実上、無視。


↓↓なにとぞクリックお願いします。助かります。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 09:00| 上海 | Comment(0) | ゴルフ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。