このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年07月19日

洛陽、少林寺、開封   帰路 新幹線7時間

中国の移動はトラブルが付き物。早めに移動しておきたい。
ということで3時頃に開封駅に到着。
開封駅.JPG

庶民の足の鉄道の駅は、庶民で溢れかえっている。しかもエアコンの効きが悪い。
駅内1.JPG

駅内2.JPG

汗、だらだら流しながら新幹線を待つ。
さあ、今回の旅の萌えポイント「新幹線7時間」
社内.JPG

それぞれの駅で途中下車したい気持ち。

まずは「商丘駅」 昔、国都だったこともある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%86%E4%B8%98%E5%B8%82
商丘駅.JPG

「徐州駅」 項羽の都
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%90%E5%B7%9E%E5%B8%82
徐州.JPG

「徐州東駅」 ここから高速鉄道の線路と一緒になる。
中国の新幹線は、動車と高鉄の2種類あって、高鉄の方が早い。
私が乗っていたのは動車の方。この駅以降、途中停車する度に30分程度、高鉄待ちになる。
つまり、ここで一旦下車して、高鉄に乗り換えた方が早くなる。
徐州東駅.JPG

「滁州」 初めて聞いた地名
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E5%B7%9E%E5%B8%82
除州駅.JPG

「南京南駅」 古都南京には必ず行くぞ!
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%B8%82
南京南駅.JPG

この後は、無錫、昆山等の馴染みのある地名の駅に途中停車。で高鉄30分待ち。
上海虹橋駅についたら地下鉄はもう無かった。


↓↓なにとぞクリックお願いします。人気ランクがアップすると嬉しいです。↓↓
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。