このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年07月12日

洛陽、少林寺、開封  ピンチ!トラブル発生! (助けて烈海王)

少林寺で演武を見て、すっかり遅くなった。
(というか、そもそも寝坊していた)

早く開封に行かねばならぬ。
なぜなら開封では5星ホテルを予約しているから!(ヤッホー)
ただ少林寺のバス停から直接開封に行くバスは無い。
事前の調査では、一度“鄭州”という大きな街まで行って、乗り換える必要がある。
バス停に着くと出発寸前のバスが。バスの係員が「これに乗れ!」と叫んでる。
「俺は開封に行きたい」というと、バスの係員は「普通語はよく分からん」。
つたない(私も)普通語を解読すると?どうもこの近くの登封という町から開封行きのバスが出ているようなことを言っている。
「このバスは登封行きだから乗れ」とのこと。
少林寺から登封に行く途中に武術学校がワンサカ。20〜30校くらいありそう。
これぞ少林寺って感じ。
学校1.JPG

学校2.JPG

学校3.JPG

10分で登封のバス停に着いて、開封行きのチケットを買いに行くと
「一日二便しか無いから、もう無いよ」
とのこと。登封に来た意味無いじゃん。
登封.JPG

ということで、改めて登封から鄭州に向かうことに。
1時間以上、ムダになってしまった。
そこから2時間弱バスに乗って、鄭州駅前のバスターミナルに。
鄭州.JPG

6時頃に到着して、早速開封行きのチケットを買いに行くと
「6時20分が最終で、もうチケットは売り切れたよ。」







え?
いやいや、開封では5星ホテルが私を待っているのだよ。
行かねばならぬのだよ。鄭州ではホテル予約してないのだよ。
「なんとか乗せて」と交渉するがダメなものはダメ。
「ザンマバン(どうすりゃいい?)」と言うと
「郊外にもうひとつバスセンターがあるから、そこならまだ開封行きのバスがあるかも。」
って回答。これにかけるしかない。
鄭州駅前から郊外のバスセンターまで、バスで約1時間。
「郊外のバスセンターでも売り切れだったらどうしよう」と心配でやきもき。
バスセンターに着くや否やチケット売り場に走りこむ。
「あるよ」
いや安心した。本当に安心した。
しかも開封まで2時間かかるのに、たったの7元。
7元バス.JPG

タクシーも初乗り5元だから、河南省は公共交通機関が本当に安い。


↓↓なにとぞクリックお願いします。人気ランクがアップすると嬉しいです。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 09:00| 上海 | Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。