このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年04月17日

ゴルフ考察  バンカーショット1 (クロスバンカー)

バンカーには大きく分けて2種類あります。
ガードバンカーとクロスバンカーです。
カードバンカーはグリーンの周辺にあるバンカーです。クロスバンカーはフェアウエーを遮断したり、横切る形でレイアウトされているバンカーです。

残り距離や土手の高さが違うので、同じバンカーでも打ち方は違います。

今回はクロスバンカーにつきまして。
クロスバンカーは、グリーンまでに距離があり(通常100ヤード以上)、アゴが高くない状況が多いです。
一般的なレッスン書には「トップをコンパクトにし、スイープに(掃くように)打て」と書いています。でもこの打ち方って“正確不動法”ですよね。
だからクロスバンカーについては、「正確不動法で打つ」ってことになります。
小生はフルショットは正確不動法なので、スイングを変える必要がないのです。
ただ二点だけ少し変化をつけています。
クロスバンカーで絶対に避けなければならないことは“ダフる”ことです。
砂を巻き込むと(エクスプロージョン)飛距離が極端に落ちます。
だから一つ目は、
「ボールの赤道と地面の間の約2cmにヘッドのリーディングエッジを入れる」
ことを注意しています。ハーフトップこそがクロスバンカー成功の鍵です。
二つ目は、
「ボールを若干、右側に置く」
です。“正確不動法”ではボールは左足内側の線上ですが、クロスバンカーの場合、私はボール2個分ほど右に置いています。これは感覚的なものなのかもしれませんが、少し右側に置いた方が赤道下の約2cmにヘッドのリーディングエッジを入れやすい、ダウンブロー気味の方が、ソールが砂に当たりにくいと考えるからです。


↓↓なにとぞクリックお願いします。ランクアップすると嬉しいです。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 09:00| 上海 ☁| Comment(0) | ゴルフ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。