このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年04月04日

ゴルフ考察  効果的な“自宅練習法”

ゴルフって、一瞬の時間の中でスイングをしないといけないので、“無意識”の内に正しくスイングするためには、それなりの練習量が必要となります。
でも仕事があるとなかなか練習場に行く時間が無い。
「自宅でスイングの練習が出来れば」

なぜ自宅でスイング練習が出来ないかを考えると
・ 天井が低い(クラブのヘッドが屋根に当たる)
・ ボールが硬い、重い(ボールが当たった場所が破損する)
ことが大きな原因ではないかと思いました。

そこで持続可能な“自宅で出来る”スイング練習方法を考えてみました。
まずは ・天井が低い ことへの対応ですが(天井の高い家に引っ越す、、、では無く)
“ハーフスイング”の練習をしましょう。
ハーフスイングならヘッドが自分の頭より高くなることはありません。
ハーフスイングはプロの間でも「ビジネスゾーン」と言われるくらいに大切なスイング。
9時−3時のスイングの練習方法は、下記のゴルフダイジェストのサイトをご参照。
http://lesson.golfdigest.co.jp/lesson/special/sciencefit/psf000003981201.html

但し小さいスイングだと、どうしても“手打ち”になってしまいます。上記のサイトではスイングコレクターという器具を使っていますが、「スイングドライブ」という器具が市販されています。
バリ1.jpg

バリ2.jpg

これを着けて、小さいスイングでも“体でクラブを動かす”ことを身に付けます。

次に ・ボールが硬い、重い ことへの対応ですが
こんなプラスチックのボールだと安全なのですが、打球感が全然だめ。
プラスチックボール.jpg

打球感が良くて、安全なボールは、、、、、ありました。
下の「フロッピー」というボール。
フロッピー.jpg

これは、テニスの軟球を小さくした物の中に、砂のような粒状のおもりを入れて、綿の網を被せて耐久性を持たせたもの。
そこそこの打球感がありますが、ボール自身は柔らかいので、壁打ちしても壁が傷つくことはありません。
(但し、置物等に当たって、倒れる・落下する等の二次的破損には注意する必要はありますが)
あと必要なのは小さい人工芝のマット。
人工芝.jpg

「スイングドライブ」を装着して、人工芝の上に置いた「フロッピー」をハーフスイングで打ちます。
1日10打でも、継続することで「無意識のスイング」が身に付きます。

あと大切なのが、ハーフスイングでも“ルーティーン”をしっかり踏んで、正しくアドレスすること。必ず毎回。
正しくアドレスすることは、ゴルフスイングでかなり重要な要素です。
これも毎日継続することで「無意識での正しいアドレス」が、緊張するラウンド中でも可能になります。


↓↓なにとぞクリックお願いします。ランクアップすると嬉しいです。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 11:00| 上海 | Comment(0) | ゴルフ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。