このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年01月23日

ゴルフ考察 パッティング5 最も大切なフォロー

前回は距離感の “ロジック(理論)のモノサシ”である振り幅について書いてみました。
この振り幅は“右側(テイクバック側)”だけでなく“左側(フォロー側)も大切です。
カップまで3歩の距離のパッティングについて考えてみたいと思います。
パット始点終点.JPG

前回、3歩の距離のパッティングの目安として“右足の外側”(Aの位置)までテイクバックすると書きました。ここからパッティング考察の初回に書きました通り「押出すように」加速してパッティングしますので、素振りをすれば当然“左足の外側”よりも更に左の位置(Bの位置)までヘッドが進みます。参考としまして「右側(テイクバック側)と左側(フォロー側)の比率は1:2」が目安だと思います(6歩の距離以内まで)。
数回素振りをしてこのAとBの位置を確認してから、ボールにパターをセットします(@の位置)。
そして@→A→Bとヘッドが進むように「イチ、ニイ、サ〜ン」と唱えてパッティングします。この「イチ、ニイ、サ〜ン」のリズムを一定にすることはとても大切です。このリズムが早くなったり遅くなったりするとボールが転がる距離が変わります。
このリズムを磨く練習は自宅のパターマットを使って数多く練習をこなす以外にありません。
ではボールはどの方向に転がるのか。フェースの開閉が無ければ(これも難しいのですが)Aのパットの芯とBのパットの芯を結んだ直線方向に転がり始めます。
ですからボールの打ち出し方向は図の赤線となります。

つまりはパッティングとはAの位置とBの位置を決めることなのです。この2点で方向と距離の両方(パッティングの全て)が決まります。
(あとリズムは一定にすること)

特に私はBの位置を重視しています。毎回、パッティングの際のヘッドのトップの位置(Bの位置)を確認して、確実にその位置までヘッドを押し込むようにしています。


↓↓なにとぞクリックお願いします。ランクアップすると嬉しいです。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 09:00| 上海 | Comment(0) | ゴルフ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。