このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年01月21日

ゴルフ考察 パッティング4 距離感(その2)

今回は距離感の “第二のモノサシ”について。
前回は“感性”で距離感を作りましたが、今回は“ロジック(理論)”で距離感を作ります。
まずはボールとカップの距離を歩測で測ります。出来れば1歩1ヤードの距離にて。
その後は下記の図を参照下さい。
パット歩幅.JPG

まずはパット(黄色の四角)のフェース面に沿って、両足を揃えます(点線の楕円)。
そこから足の幅ひとつ分だけ外に両足を移動します(太線の楕円)。
そして“足の幅”を基準に距離感を作ります。足の幅を基準にどこまでパットのヘッドを引くかで距離感を作るのです。私の場合のボールが転がる距離は、
右足の内側:1歩
右足のつま先:2歩
右足の外側:3歩
一足分外側:6歩
となります。(6歩以上は感性のモノサシのみ)

振り幅と移動距離が比例していないのは、“押出す”タッチでパットするので加速時間が長いほど距離が増すからです。

短い(6歩以内)パットはロジック重視、長い(7歩以上)パットは感性重視で判断します。


↓↓なにとぞクリックお願いします。ランクアップすると嬉しいです。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 09:00| 上海 | Comment(0) | ゴルフ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。