このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2013年01月16日

ゴルフ考察 パッティング2 直進性(オリジナル練習法)

今回は前回記載しました“オリジナル練習法”について書きます。
前回、パッティングの最も大切なポイントとして
“ボールがまっすぐに転がるように打つこと”
と書きました。
まっすぐに転がす技術と、転がすことが出来るという“自信”(←ここ重要)がプレー中の迷い、不安を消し去ってくれます。
それでは練習法です。
まず、幅1m・長さ10m以上(笑)の絨毯を購入して下さい。
長ければ長いほどいいです。
それを自宅の傾斜の無いところに敷いて下さい。こんな感じです。
真ん中のライン.JPG

私の絨毯には真ん中にまっすぐなラインの模様があるのですが、この様なラインがあった方が便利です。
ボールには赤道の部分にラインを引きます。ラインを引く道具はゴルフショップに売っています。
ボールライン.JPG

赤道に引いたラインを絨毯のラインに合わせてセットします。
そして出来るだけ長距離(絨毯を飛び出てもOK)このライン上を転がるようにパッティングします。この際、気をつけるのは転がっているボール側のライン。正しく転がっている場合は綺麗な赤道ラインが見えますが、ミスヒットするとラインがグラグラ揺れます。

結果の一例です。10m転がしてボール1個のズレ。ボールのラインもほぼキープ。
第一打.JPG

どんなゴルフ場の練習用グリーンでも、10m以上全くアンジュレーション(傾斜)が無いなんて考えられません。これは自宅でしか出来ない練習法です。
「私は傾斜さえ無ければ10m以上、まっすぐに転がすことが出来る。」
という“自信”が迷いを断ち切ってくれます。
もしカップを外したら原因は、ラインを読み間違えた、もしくは、タッチ(ボール初速度)を間違えた(次回記述します) のどちらかですから。


↓↓なにとぞクリックお願いします。ランクアップすると嬉しいです。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 09:00| 上海 | Comment(0) | ゴルフ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。