このブログに記載されている内容は、2010年6月から2014年7月までの情報です。

2012年12月31日

手作り?の 宮崎釜揚げうどん

渋谷「澤乃井」で久しぶりに宮崎の釜揚げうどんを堪能しましたが、私の中の「戸隠」の記憶とは若干違う感じ。

私の記憶の中の宮崎うどん(または「戸隠」のうどん)の印象は、
・ 付けタレの味が濃い。
・ 柚子と生姜の香りが強い。
・ 付けタレに天カスがたくさん入っている。

そこで自分なりの宮崎釜揚げうどんを再現出来ないかと。上海に戻る前にいろいろと買ってみました。
まずは半生のうどん玉(讃岐うどんだけど)。
半生うどん.JPG

希釈用のうどんつゆ(これも讃岐だけど)。
つゆ.JPG

柚子こしょう。
柚子こしょう.JPG

天カスは新鮮館で買いました。生姜も上海で買いました。
天カス.JPG

出来上がり。
出来上がり.JPG

つゆの希釈と、柚子こしょうと生姜の度合いは様子をみながら、自分なりの記憶の中の宮崎釜揚げうどんを再現。
美味しかった、、、、、、、、、けど。

やっぱり春節に宮崎に行って確かめてみようかな。


↓↓なにとぞクリックお願いします。人気ランクがアップすると嬉しいです。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 10:00| 上海 ☔| Comment(0) | 上海生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

宮崎うどん  澤乃井(渋谷)

あれは、10月に chinausaさん、蜜さん、きなこさん の四人で、初めてお食事をした日。
(きなこさんのブログをご参照)
http://blog.goo.ne.jp/kina_26/e/5eb04d2b21734438a7e050cfa7e0c8ba

きなさんが、あまりにも会話について来れなくて、素敵なうなずきを300回くらい連発していましたので、「これなら大丈夫だよね?」って感じで“宮崎うどん”の話を振って、、、、やっときなさんの声が聞けて。
きなさんと私で“宮崎うどんがどんなに美味しいか”を力説しましたが、、、、実は途中から私は「、、、どんな味だっけ?」って自信が無くなってきて。
2008年に宮崎の「戸隠」で食べたっきりなので。でも「非常に美味しい」という文字的な記憶だけは。
私の記憶の中の宮崎うどん(または「戸隠」のうどん)の印象は、
・ 釜揚げうどんである。
・ 付けタレの味が濃い。
・ 柚子と生姜の香りが強い。
・ 付けタレに天カスがたくさん入っている。

12月の中旬に帰国したので、確かめたいと。宮崎には行けないので、渋谷の「澤乃井」に行くことにしました。都内で数少ない宮崎うどんの店です。
店前.JPG

平日のお昼でしたが、店内に入ると全席満員。壁には有名人のサインがたくさん。そういえば宮崎の「戸隠」にもたくさんサインが張ってあったような。
純粋に“釜揚げうどん”の味を確かめたかったので、550円の“釜揚げうどんセット”を。
釜揚げセット.JPG

確かに美味しい。
・ 付けタレの味が濃い。
・ 付けタレに天カスがたくさん入っている。
の二つの条件は合っている。でも、
・ 柚子と生姜の香りが強い。
は、あまり感じない。(付けタレも記憶より若干薄い)

東京人の好みに合わせているのかな?それとも「戸隠」だけの特長なのかな?それとも私の記憶違い?

春節の帰国時に宮崎まで行ってみようかなぁ。


↓↓なにとぞクリックお願いします。人気ランクがアップすると嬉しいです。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 09:43| 上海 ☔| Comment(2) | 日本にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

蘇州日帰り旅行 虎丘斜塔

昼食の「弄堂口」を出たのは3時前。ここから次の目的地の「虎丘」へ。
平江路の南端のところ(青矢印の先)から、蘇州駅の反対側へ。
虎丘地図.JPG

平江路の南端はこんな感じ。
大通り側.JPG

蘇州もタクシー少な目だが、何とか見つけて虎丘に移動。40元くらいだったかな。
虎丘への入口からの写真。ランドマークの虎丘斜塔が見えます。
入口から.JPG

かなり広大な庭園です。
カンバン.JPG

日本語の説明もありました。
日本語説明.JPG

入場料は冬季割引で40元。でも4時半で閉館。
まずはランドマークの虎丘斜塔へ。中には入れません。
斜塔1.JPG

斜塔2.JPG.JPG

斜塔3.JPG

ここでものんびり綺麗な景色をカメラに収めます。
虎1.JPG

虎2.JPG

虎3.JPG

虎4.JPG

虎5.JPG

虎6.JPG

虎7.JPG

碑文がありました。
碑文.JPG

碑文を見たら、ニコ・ロビンを合成したくなります。
ポーネグリフ.JPG

虎丘を堪能したらもう夕方。今から寒山寺に行っても閉まっているだろうから行きませんでした。
昼食が遅く、食欲も無かったので上海に戻ることに。
でも蘇州、とっても気に入りましたので、寒山寺と蘇州料理は次回の宿題にしました。

【この後の失敗談】
予約している帰りの新幹線は20時30分頃。18時頃に蘇州駅についたので、立ったまでいいので(座席なしでいいので)早い便に乗りたいと思い、切符窓口で早い便の「無座(立ち席)」への交換を求めたところ「没有」。「いや、立ったままでいいんだから」と言っても「没有」。
日本であれば“新幹線の立ち席は料金払えば乗り放題(ぎゅうぎゅう詰めOK)”。
でも中国の新幹線(一般の特急列車も?)では、立ち席(無座)も発行枚数が決められている。だからぎゅうぎゅう詰めにはならないというシステムでした。
結局20時30分まで待ちました。


↓↓なにとぞクリックお願いします。人気ランクがアップすると嬉しいです。↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村
posted by ムーゾン at 09:31| 上海 ☔| Comment(165) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。